【手放す前に!】ベビーベッドのリメイク活用術。テーブル&クローゼットへ変更アイデア

ベビーベッドは赤ちゃんを安全に寝かせるために、必須アイテムですよね。でも、サイズが大きくて場所を取るので、お部屋のインテリアを邪魔してしまっていませんか?

せっかくならベビーベッドもおしゃれなインテリアの一部にしちゃいましょう!コーディネートや飾り方によって、シンプルなベビーベッドも可愛く大変身出来ますよ。

さらに、赤ちゃんが成長して、本来のベビーベッドとしての使い方を終えてからも『リメイク』という使い道があるんです!

今回は、ベビーベッドがあるおしゃれなお部屋とリメイク術についてご紹介します。

目次

オシャレに見せる!ベビーベッドを置く部屋のインテリア活用法

寝室にベビーベッドを置く場合

参考:Room Clip

こちらは、珍しいターコイズカラーのアクセントクロスが印象的な寝室。
枕カバーや掛け布団カバーの模様をさりげなく大人用と赤ちゃん用でリンクさせてあり、全体のテイストを揃えてあるので、柄が多くてもごちゃごちゃした印象になりませんね。

このように、寝室にベビーベッドを置く場合は、大人用のベッドのカバー等とカラーを合わせると統一感が出ますし、お揃いが楽しめますね。

また、ベビーベッドと大人用のベッドをピッタリとくっつけてありますね。こうすれば赤ちゃんもママを近くに感じられて安心で、ママもお世話がしやすい配置です。

ニトリ|掛け布団カバー

掛け布団カバー シングル(レナ S) ニトリ

リビング空間にベビーベッドを置く場合

参考:Room Clip

こちらは、ベビーベッドをリビングに置いてあります。壁紙やドアのカラーに合わせたグリーンのベビーベッドが可愛らしいですね。天蓋にはライトアップもされていて、赤ちゃんがとっても喜びそうです。

一見カラフルなお部屋ですが、よく見ると、あちらこちらにグリーンのアイテムが。たくさんの色を使いつつも、グリーンでうまくコーディネートされています。

個性的な壁紙と、壁にディスプレイされたたくさんの飾り付けをうっとりと眺めてしまいますね。床にはほとんど何も置かれておらず、赤ちゃんの安全対策もバッチリです。ラグも素敵ですね。

このように、リビングにベビーベッドを置く場合は、リビングの雰囲気やカラーに合わせたベビーベッドを選ぶと良いですね。

キルティングラグ・マット 

キルティングマット イブル cloud ☆normal マルチカバー 約150×200
スポンサーリンク

ベビーベッドのリメイク活用術&参考にしたいオススメ3選

ところで、ベビーベッドをいつかは卒業する時が来ますよね。結構高価なものですし、お世話になって愛着が湧いてしまい、捨てるのは忍びない、というママも多いかと思います。

そんな時は、『ベビーベッドをリメイク』してしまう手も有りますよ。

リメイク活用①:クローゼットに変身!

参考:Room Clip

こちらは、ベビーベッドの向きを変えて子供服用のクローゼットに大変身させてあります!すごい、発想の転換ですね。
ちょうど、子供の手が届く高さになるので、幼稚園や保育園のお着替えなど、自分で支度をするのにちょうど良いですよね。

上にはおもちゃを乗せて、スペースを無駄なく使ってあります。ベビーベッドは頑丈なので、おもちゃケースやお子さんの鞄などを置いても良いかもしれませんね。

カトージ|ミニベビーベッド

ミニベビーベッドハイタイプ|カトージ(KATOJI)

リメイク活用②:プレイテーブルに変身!

参考:Room Clip

こちらは、ベビーベッドの形はそのままに、プレイテーブルにリメイクされています。

木製のベビーベッドなので、木のレールの雰囲気がピッタリですね。プレイマットのサイズもちょうど良く、まるで初めからセットで購入したかのようなサイズ感。
ベビーベッドの下段はおもちゃ入れとして、活用されています。

一緒に写っているプレイジムも可愛くていいですね!

リメイク活用③:成長していく子どもたちの学習机に!

参考:Room Clip

こちらは、なんとベビーベッドを子供机にリメイクされています!なるほど、こんな手があったんですね。

しかも、ベビーベッド一台で、子供2人分の学習スペースが確保出来ちゃいます。椅子の高さもピッタリですね。
やはり、机が広いとやる気が出るのは大人も子供も同じでしょうか?たくさん筆記用具や紙を広げて、思いっきりお絵描きや勉強を頑張ってくれると嬉しいですね。

リメイク活用④:学習机

参考:Room Clip

こちらも、ベビーベッドを子供机にリメイクされたお部屋。ベビーベッドの色が白だと、また全然雰囲気が変わりますね。

ベビーベッドの側面が柵状か板そのままかによって机としての使い心地も違いそうです。どちらかと言えば、こちらのお部屋の方がより机として使い勝手が良さそうです。

側面外側には、フックを付けて、鞄などを下げる事が出来ますね。
正面にペグボードを設置してあるので、色々な学習道具を下げて使えます。このようなリメイク方法なら、お子さんが小学校に入学してからも、しっかり学習に取り組める机になりますね。

ベビーベッドを購入する時に、リメイクの事まで考えて購入されたわけではないでしょうが、そうかと思うほど素晴らしい出来栄えですね。

IKEA ベビーベッド


SUNDVIK ベビーベッド, ホワイト 003.721.56

まとめ:ベビーベッドのリメイク活用術。テーブル&クローゼットへ変更アイデア

以上が、私がおしゃれだと思うベビーベッドのあるお部屋とインテリアの工夫です。

これは真似してみたい!と思うアイデアは見つかりましたでしょうか?
ベビーベッドを購入する際は、まずはお部屋の雰囲気に合った色や素材を検討されてみると良いと思います。ベビーベッドを寝室に置くか、リビングで使うかによって、選び方は変わってきますね。

それから、ベビーベッドのリメイクを検討される場合は、どんなリメイクをするのか最初に予定しておくと良いかもしれません。
これからベビーベッドを購入される方のご参考になりますように!

関連記事:▼ニ人目育児こそ必要!【おすすめベビーベッド5選】高さに注意!失敗しない選び方>

この記事を書いた人
インテリアコーディネーターMAKO

MAKO

インテリア・家具ブロガー

当サイトでは、暮らしを楽しくするインテリアや家具のおすすめ情報を発信しています。子育て中のママの視点も交えて、時短アイデアや便利グッズの紹介もしています。

  • インテリアコーディネーター
  • 家具・寝具アドバイザー
  • 大手インテリアメーカー勤務10年

ご質問やレビュー依頼など、
お気軽にお問い合わせからどうぞ!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる