バウヒュッテゲーミングチェア評判はどうなの?レビューまとめ

ゲーミングチェアを購入予定の方は日本のメーカー「バウヒュッテ」気になりますよね。

実際、バウヒュッテゲーミングチェアの評判はどうなのでしょうか?

低評価もけっこう目にするけど・・

この記事ではバウヒュッテの特徴と評判についてまとめてみました。

それでは、解説していきますね。

是非、ご一読ください。

目次

バウヒュッテゲーミングチェアの特徴

バウヒュッテゲーミングチェア プロシリーズ RS-950RR 28490円

まずは、日本人向けのゲーミングチェアであるという事。

海外のメーカーのものは大柄な体形の方向けですが、バウヒュッテは小柄な日本人にもフィットします。

・ファブリック生地でできている

多くのゲーミングチェアはレザー製ですがバウヒュッテゲーミングチェアはファブリック生地でできており、サラッと気持ちよく蒸れにくいという特徴があります。

湿気の多い日本だからできた商品なのでしょうね。

落ち着いたデザイン

ゲーミングチェアは奇抜な色や派手な物が多い中、布を使用している事から落ち着いた印象ですね。

部屋に馴染みやすそうです。

ヘッドレストとランバーサポートのカバーは洗濯できるそうですよ。

デスク周りのカスタマイズができる。

バウヒュッテのコンセプトは「デスク秘密基地化計画!」

展開する家具やオプションパーツは150以上。

それらを自由に組み合わせる事で理想のデスクを作り上げていく事ができます。

日本のメーカーである

なんといっても日本のメーカーであるという事。

安心感があります。

対応も迅速、丁寧だとか。

ゲーミングチェアの選び方

自分の身体にあっているか?

ゲーミングチェアを選ぶ上で一番大事な事は自分の身体にあっているかどうか?という事です。

バウヒュッテゲーミングチェアは日本人が考えた日本人向けの商品です。

海外の人に比べれば胴長短足である小柄な日本人の体形を考え抜いて設計されています。

有名なDXRacerやAKRacingは座面を一番低くしても、クッションの厚みを加えると

43㎝。身長が160㎝位の人だと深く座った場合、足は床に着くけれど安定しない。

バウヒュッテは38㎝。床にしっかりと足が付き安定しそうです。

小柄な男性や女性にはおすすめですね。

154㎝~175㎝の中肉中背の方には快適な椅子であると言えますね。

専用クッションや足置きマットも展開しているので体形に合わせて揃える事もできます。

・求めている性能は何か?

アームレフトの可動域の広さは必要ですか?

手持ちのデスクと合わせる場合、高さは適当ですか?

リクライニングの角度はどのくらい必要?

自分が求めるものは何なのかを見極めておくことです。

ここで、他メーカーと比較してみますね。
メーカー耐荷可リクライニングアームレフト可動域
バウヒュッテ100㎏135°上下、前後、角度
Gtracing136㎏165°上下のみ
E.WIN150㎏155°上下、前後、角度

バウヒュッテの推奨身長は154㎝~なのですが、他メーカーは特に記載はありませんでした。

座面を38㎝まで下げられるバウヒュッテは小柄な方向けです。

身長が175㎝以上ある方ならGtracingや EWIN、その他のメーカの物にした方がよさそうですね。

Gtracing    23980円   165度のリクライニング。 耐荷可 136㎏r

E・WIN 28000円 155度のリクライニング。耐荷可 150㎏!

バウヒュッテゲーミングチェアの良い評価

ここまでアームレストの調整が利くものは見当たりませんでした。
気に入った位置に合わせられるのはなんとも有り難いですね。
この椅子は座面を十分下げられます。これはめったにない。
このクオリティでこの価格はとてもコスパいいです!
腰の痛みが無くなった!
肩こりがなくなった!

※Amazon口コミより引用

多くの方がアームレフトの可動域の広さをあげています。

そしてこのアームレフト、高反発素材でできている為、肘や肩の痛みがなくなったと言う声も見られました。

身体へのフィット感が抜群で気持ちよく、身体の痛みが楽になったと感じている方が多いですね。

バウヒュッテゲーミングチェアの悪い評価

ネジ回りに難あり。ねじが固い。作りが雑。
「ネジがつぶれたら保証対象外」
座面低すぎ~
ヘッドレストの高さを変更できない。

Amazon口コミより引用

高評価にも低評価にも出てくる「座面の低さ」バウヒュッテの特徴ともいえそうです。

そして、「バリが取れていない」「ねじ穴が汚い」などの問題があるようです。

日本の会社が設計している商品ではありますが、製造は海外にゆだねられている為、

完璧を求められる方には不快に感じる事もあるかもしれません。

ヘッドレストの位置が固定されているというのは、小柄な方だと使えない可能性もありそうです。

そして、足部分のキャスターが少し触れただけでロックがかかってしまい、いちいち戻すのが面倒だと言う意見も見られました。

肥満体形の方だと「抜群のフィット感」が単なる「窮屈」と感じるかもしれません。

耐荷重が100㎏なので、100㎏に近い方は断念した方がよいでしょうね。

大柄なラガー体系の方は海外のゲーミングチェアを検討してみる事をお勧めします。

バウヒュッテのおすすめ3選

バウヒュッテゲーミングチェアプロシリーズ RS-950RR

コスパ最高!高性能な一台。

座面床から38㎝。小柄な日本人向け。

Bauhutte (バウヒュッテ) |ゲーミングチェア RS-950RR-BK

バウヒュッテゲーミングチェア RS-800RR 

座面が少し高いシンプルデザイン。

右手のレバーで簡単に座面高を8cm上下できます。
足が床にしっかり着く目安身長は、165cm 〜です。

バウヒュッテゲーミングチェア GX530

ゆったりくつろげる座椅子タイプ。リクライニングは180度!

あぐらも組めちゃう。

まとめ:バウヒュッテゲーミングチェア評判はどうなの?

・ファブリック素材でできている為、蒸れにくい。

・デザインが落ち着いている。

・デスク周りを自分好みにカスタマイズできる。

・自分の身体に合わせて微調整ができる。

・日本のメーカーなので安心感がある。

様々なメーカーがゲーミングチェアを展開しています。

良いものを手に入れても、身体に合っていなければ「自分にとっての良いもの」にはならないようです。

自分の身体に合ったものを選ぶ事が一番のポイントですね。

是非、参考になさってくださいね☆彡

ゲーミングチェアを購入予定の方は日本のメーカー「バウヒュッテ」気になりますよね。

実際、バウヒュッテゲーミングチェアの評判はどうなのでしょうか?

低評価もけっこう目にするけど・・

この記事ではバウヒュッテの特徴と評判についてまとめてみました。

それでは、解説していきますね。

是非、ご一読ください。

バウヒュッテゲーミングチェアの特徴

バウヒュッテゲーミングチェア プロシリーズ RS-950RR 28490円

まずは、日本人向けのゲーミングチェアであるという事。

海外のメーカーのものは大柄な体形の方向けですが、バウヒュッテは小柄な日本人にもフィットします。

・ファブリック生地でできている

多くのゲーミングチェアはレザー製ですがバウヒュッテゲーミングチェアはファブリック生地でできており、サラッと気持ちよく蒸れにくいという特徴があります。

湿気の多い日本だからできた商品なのでしょうね。

落ち着いたデザイン

ゲーミングチェアは奇抜な色や派手な物が多い中、布を使用している事から落ち着いた印象ですね。

部屋に馴染みやすそうです。

ヘッドレストとランバーサポートのカバーは洗濯できるそうですよ。

デスク周りのカスタマイズができる。

バウヒュッテのコンセプトは「デスク秘密基地化計画!」

展開する家具やオプションパーツは150以上。

それらを自由に組み合わせる事で理想のデスクを作り上げていく事ができます。

日本のメーカーである

なんといっても日本のメーカーであるという事。

安心感があります。

対応も迅速、丁寧だとか。

ゲーミングチェアの選び方

自分の身体にあっているか?

ゲーミングチェアを選ぶ上で一番大事な事は自分の身体にあっているかどうか?という事です。

バウヒュッテゲーミングチェアは日本人が考えた日本人向けの商品です。

海外の人に比べれば胴長短足である小柄な日本人の体形を考え抜いて設計されています。

有名なDXRacerやAKRacingは座面を一番低くしても、クッションの厚みを加えると

43㎝。身長が160㎝位の人だと深く座った場合、足は床に着くけれど安定しない。

バウヒュッテは38㎝。床にしっかりと足が付き安定しそうです。

小柄な男性や女性にはおすすめですね。

154㎝~175㎝の中肉中背の方には快適な椅子であると言えますね。

専用クッションや足置きマットも展開しているので体形に合わせて揃える事もできます。

・求めている性能は何か?

アームレフトの可動域の広さは必要ですか?

手持ちのデスクと合わせる場合、高さは適当ですか?

リクライニングの角度はどのくらい必要?

自分が求めるものは何なのかを見極めておくことです。

ここで、他メーカーと比較してみますね。
メーカー耐荷可リクライニングアームレフト可動域
バウヒュッテ100㎏135°上下、前後、角度
Gtracing136㎏165°上下のみ
E.WIN150㎏155°上下、前後、角度

バウヒュッテの推奨身長は154㎝~なのですが、他メーカーは特に記載はありませんでした。

座面を38㎝まで下げられるバウヒュッテは小柄な方向けです。

身長が175㎝以上ある方ならGtracingや EWIN、その他のメーカの物にした方がよさそうですね。

Gtracing    23980円   165度のリクライニング。 耐荷可 136㎏r

E・WIN 28000円 155度のリクライニング。耐荷可 150㎏!

バウヒュッテゲーミングチェアの良い評価

ここまでアームレストの調整が利くものは見当たりませんでした。
気に入った位置に合わせられるのはなんとも有り難いですね。
この椅子は座面を十分下げられます。これはめったにない。
このクオリティでこの価格はとてもコスパいいです!
腰の痛みが無くなった!
肩こりがなくなった!

※Amazon口コミより引用

多くの方がアームレフトの可動域の広さをあげています。

そしてこのアームレフト、高反発素材でできている為、肘や肩の痛みがなくなったと言う声も見られました。

身体へのフィット感が抜群で気持ちよく、身体の痛みが楽になったと感じている方が多いですね。

バウヒュッテゲーミングチェアの悪い評価

ネジ回りに難あり。ねじが固い。作りが雑。
「ネジがつぶれたら保証対象外」
座面低すぎ~
ヘッドレストの高さを変更できない。

Amazon口コミより引用

高評価にも低評価にも出てくる「座面の低さ」バウヒュッテの特徴ともいえそうです。

そして、「バリが取れていない」「ねじ穴が汚い」などの問題があるようです。

日本の会社が設計している商品ではありますが、製造は海外にゆだねられている為、

完璧を求められる方には不快に感じる事もあるかもしれません。

ヘッドレストの位置が固定されているというのは、小柄な方だと使えない可能性もありそうです。

そして、足部分のキャスターが少し触れただけでロックがかかってしまい、いちいち戻すのが面倒だと言う意見も見られました。

肥満体形の方だと「抜群のフィット感」が単なる「窮屈」と感じるかもしれません。

耐荷重が100㎏なので、100㎏に近い方は断念した方がよいでしょうね。

大柄なラガー体系の方は海外のゲーミングチェアを検討してみる事をお勧めします。

バウヒュッテのおすすめ3選

バウヒュッテゲーミングチェアプロシリーズ RS-950RR

コスパ最高!高性能な一台。

座面床から38㎝。小柄な日本人向け。

Bauhutte (バウヒュッテ) |ゲーミングチェア RS-950RR-BK

バウヒュッテゲーミングチェア RS-800RR 

座面が少し高いシンプルデザイン。

右手のレバーで簡単に座面高を8cm上下できます。
足が床にしっかり着く目安身長は、165cm 〜です。

バウヒュッテゲーミングチェア GX530

ゆったりくつろげる座椅子タイプ。リクライニングは180度!

あぐらも組めちゃう。

まとめ:バウヒュッテゲーミングチェア評判はどうなの?

・ファブリック素材でできている為、蒸れにくい。

・デザインが落ち着いている。

・デスク周りを自分好みにカスタマイズできる。

・自分の身体に合わせて微調整ができる。

・日本のメーカーなので安心感がある。

様々なメーカーがゲーミングチェアを展開しています。

良いものを手に入れても、身体に合っていなければ「自分にとっての良いもの」にはならないようです。

自分の身体に合ったものを選ぶ事が一番のポイントですね。

是非、参考になさってくださいね☆彡

ゲーミングチェアを購入予定の方は日本のメーカー「バウヒュッテ」気になりますよね。

実際、バウヒュッテゲーミングチェアの評判はどうなのでしょうか?

低評価もけっこう目にするけど・・

この記事ではバウヒュッテの特徴と評判についてまとめてみました。

それでは、解説していきますね。

是非、ご一読ください。

バウヒュッテゲーミングチェアの特徴

バウヒュッテゲーミングチェア プロシリーズ RS-950RR 28490円

まずは、日本人向けのゲーミングチェアであるという事。

海外のメーカーのものは大柄な体形の方向けですが、バウヒュッテは小柄な日本人にもフィットします。

・ファブリック生地でできている

多くのゲーミングチェアはレザー製ですがバウヒュッテゲーミングチェアはファブリック生地でできており、サラッと気持ちよく蒸れにくいという特徴があります。

湿気の多い日本だからできた商品なのでしょうね。

落ち着いたデザイン

ゲーミングチェアは奇抜な色や派手な物が多い中、布を使用している事から落ち着いた印象ですね。

部屋に馴染みやすそうです。

ヘッドレストとランバーサポートのカバーは洗濯できるそうですよ。

デスク周りのカスタマイズができる。

バウヒュッテのコンセプトは「デスク秘密基地化計画!」

展開する家具やオプションパーツは150以上。

それらを自由に組み合わせる事で理想のデスクを作り上げていく事ができます。

日本のメーカーである

なんといっても日本のメーカーであるという事。

安心感があります。

対応も迅速、丁寧だとか。

ゲーミングチェアの選び方

自分の身体にあっているか?

ゲーミングチェアを選ぶ上で一番大事な事は自分の身体にあっているかどうか?という事です。

バウヒュッテゲーミングチェアは日本人が考えた日本人向けの商品です。

海外の人に比べれば胴長短足である小柄な日本人の体形を考え抜いて設計されています。

有名なDXRacerやAKRacingは座面を一番低くしても、クッションの厚みを加えると

43㎝。身長が160㎝位の人だと深く座った場合、足は床に着くけれど安定しない。

バウヒュッテは38㎝。床にしっかりと足が付き安定しそうです。

小柄な男性や女性にはおすすめですね。

154㎝~175㎝の中肉中背の方には快適な椅子であると言えますね。

専用クッションや足置きマットも展開しているので体形に合わせて揃える事もできます。

・求めている性能は何か?

アームレフトの可動域の広さは必要ですか?

手持ちのデスクと合わせる場合、高さは適当ですか?

リクライニングの角度はどのくらい必要?

自分が求めるものは何なのかを見極めておくことです。

ここで、他メーカーと比較してみますね。
メーカー耐荷可リクライニングアームレフト可動域
バウヒュッテ100㎏135°上下、前後、角度
Gtracing136㎏165°上下のみ
E.WIN150㎏155°上下、前後、角度

バウヒュッテの推奨身長は154㎝~なのですが、他メーカーは特に記載はありませんでした。

座面を38㎝まで下げられるバウヒュッテは小柄な方向けです。

身長が175㎝以上ある方ならGtracingや EWIN、その他のメーカの物にした方がよさそうですね。

Gtracing    23980円   165度のリクライニング。 耐荷可 136㎏r

E・WIN 28000円 155度のリクライニング。耐荷可 150㎏!

バウヒュッテゲーミングチェアの良い評価

ここまでアームレストの調整が利くものは見当たりませんでした。
気に入った位置に合わせられるのはなんとも有り難いですね。
この椅子は座面を十分下げられます。これはめったにない。
このクオリティでこの価格はとてもコスパいいです!
腰の痛みが無くなった!
肩こりがなくなった!

※Amazon口コミより引用

多くの方がアームレフトの可動域の広さをあげています。

そしてこのアームレフト、高反発素材でできている為、肘や肩の痛みがなくなったと言う声も見られました。

身体へのフィット感が抜群で気持ちよく、身体の痛みが楽になったと感じている方が多いですね。

バウヒュッテゲーミングチェアの悪い評価

ネジ回りに難あり。ねじが固い。作りが雑。
「ネジがつぶれたら保証対象外」
座面低すぎ~
ヘッドレストの高さを変更できない。

Amazon口コミより引用

高評価にも低評価にも出てくる「座面の低さ」バウヒュッテの特徴ともいえそうです。

そして、「バリが取れていない」「ねじ穴が汚い」などの問題があるようです。

日本の会社が設計している商品ではありますが、製造は海外にゆだねられている為、

完璧を求められる方には不快に感じる事もあるかもしれません。

ヘッドレストの位置が固定されているというのは、小柄な方だと使えない可能性もありそうです。

そして、足部分のキャスターが少し触れただけでロックがかかってしまい、いちいち戻すのが面倒だと言う意見も見られました。

肥満体形の方だと「抜群のフィット感」が単なる「窮屈」と感じるかもしれません。

耐荷重が100㎏なので、100㎏に近い方は断念した方がよいでしょうね。

大柄なラガー体系の方は海外のゲーミングチェアを検討してみる事をお勧めします。

バウヒュッテのおすすめ3選

バウヒュッテゲーミングチェアプロシリーズ RS-950RR

コスパ最高!高性能な一台。

座面床から38㎝。小柄な日本人向け。

Bauhutte (バウヒュッテ) |ゲーミングチェア RS-950RR-BK

バウヒュッテゲーミングチェア RS-800RR 

座面が少し高いシンプルデザイン。

右手のレバーで簡単に座面高を8cm上下できます。
足が床にしっかり着く目安身長は、165cm 〜です。

バウヒュッテゲーミングチェア GX530

ゆったりくつろげる座椅子タイプ。リクライニングは180度!

あぐらも組めちゃう。

まとめ:バウヒュッテゲーミングチェア評判はどうなの?

・ファブリック素材でできている為、蒸れにくい。

・デザインが落ち着いている。

・デスク周りを自分好みにカスタマイズできる。

・自分の身体に合わせて微調整ができる。

・日本のメーカーなので安心感がある。

様々なメーカーがゲーミングチェアを展開しています。

良いものを手に入れても、身体に合っていなければ「自分にとっての良いもの」にはならないようです。

自分の身体に合ったものを選ぶ事が一番のポイントですね。

是非、参考になさってくださいね☆彡

関連記事;【テレワークが快調!】おすすめオフィスチェア・椅子4選。腰痛対策・在宅勤務で注意すべき姿勢とは?

関連記事;【捗る!】GTRACINGゲーミングチェア・レビュー。GT901の評価・腰痛対策にどうなの?(GT909)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる