ソファ

【子供と過ごすソファー選び&汚れ対策】年齢別のオススメと気をつけたい安全面!

2019年5月30日

小さい子供がいるけど、くつろげるソファが欲しい!とお考えのお母さんも、結構いらっしゃると思います。

 

日頃、家事に育児に忙しくお家の中を歩き回って、大変ですよね。

そんな時、「ふう~」と一息つけるソファがあると嬉しいんです。

 

 

ただ、ソファからお子さんが落ちたら怖いなぁと思いますよね。そして、せっかく買ったソファを汚されたら悲しい!

私もそう悩みつつも、ソファが欲しい気持ちが強くて購入しました。

 

私がソファ選びで悩んだことと、家族の様子を書きつつ、お子さんがいるご家庭におすすめのソファの選び方をご紹介します!

 

 

【年齢別】子供の安全面も考えたオススメのソファは?

【0歳~1歳頃】座面の高さに注意!

私の1番の心配事は、「子供がソファから落ちたらどうしよう」でした。赤ちゃんがいるおうちでは、やっぱりお子さんの安全が第一ですよね。

 

座面の高さが15㎝未満のソファだと、赤ちゃんがいるご家庭でも比較的安心して使えると思います。

 

 

【2歳~3歳頃】ソファは子供の遊び場に

2~3歳くらいの子どもも、ローソファの高さは座りやすいので相性が良いと思います。

 

うちの息子は2歳頃からソファをお気に入りの遊び場として使っています。毎日おもちゃを広げて遊んでいますよ。

そんな時は、『ローソファ』がおすすめです!

 

 

子供と過ごすローソファ(フロアソファ)のメリット

1.子供のお昼寝場所として、ローソファが活躍!

次男がまだ寝返りしないうちは、リビングでお昼寝させるのにソファを使っていました。2、3ヶ月頃の赤ちゃんってまだまだ午前中にお昼寝しますよね。

 

でも万が一、ゴローンと落ちたりしたら怖いので、一応ソファ下の床にクッションを置いていました。

 

 

2.子供の遊び場としても、ローソファなら安心

我が家は4歳と1歳の兄弟なんですが、2人ともソファで遊ぶのが大好きです。

 

次男も最近ソファに登れるようになって、2人でおもちゃを広げて遊んでいます。結局、ソファで遊ぶのなら、床の延長のようにして使えるローソファだと安心感があります。

 

 

子供にも安心なオススメのソファはこちらの記事でも紹介しています。
 

【関連記事】▼ 赤ちゃん・子供向けローソファ・フロアソファの失敗しない選び方&おすすめ10選。

合わせて読みたい
【心配解消!】赤ちゃん・子供向けローソファおすすめ10選。失敗しないフロアソファの選び方

続きを見る

 

 

我が家のソファは毎日何かで汚される!汚れの原因3ポイント

 

子供って、ホントに汚すことに関しては天才的。

「まさかね?」「もしや?」と思って振り向いたら、だいたい何かしら部屋を汚してます。

 

ソファ汚れの原因①:クレヨンやペン

ソファが大好きな兄弟は、もちろんソファを汚しながら遊んでいます。長男は最近、ひらがなの練習に励んでいまして。

 

ソファで描いては画用紙をはみ出して、気づいたらソファにペンのインクが付いちゃっています。粘土遊びはもっと大変です。ソファに付いたらなかなか取れません。

 

ソファ汚れの原因②:よだれや飲み物

長男はよだれが凄かったので、ソファに寄りかかると必ずよだれを付けていました。

 

座ると、ちょっと濡れているのは多分、ストローマグに入れたお茶を持ってきて飲んだ時にこぼした跡です。

 

ソファ汚れの原因③:トイレトレーニング中は要注意!嘔吐下痢の時も!

 

1番困るのは、これです。トイレトレーニング中にソファでおしっこを漏らされたのが1番悲しかったですね。

 

しかも一度や二度ではありません。もちろんわざとじゃないので、叱ってはいけません。でも後処理がとても大変!

嘔吐下痢の症状がある時も要注意です。突然吐いたりするので、とっさの対応が難しいですね。でも本人はきついのでソファで休みたいんですよね。可哀想です。

 

 

ソファが汚れるとガッカリしがちですが、仕方がないことでもあるので、「汚れても大丈夫」なソファを選ぶ事も大事だと思います。

「ソファの汚れ」に注目すると、素材選びが重要になってきます。

 

 

子供に最適なソファの素材とは?

お子さんがソファを汚す事は多分、避けられないと思います。

 

 

私は今はほとんど諦めています。やんちゃ坊主が2人もいると、もう仕方がないな? という感じです。

なので、汚れを落としやすい素材のソファを選ぶことが大事です。

 

 

汚れが落としやすい素材①:合皮ソファ

サッと汚れを拭き取れる合皮素材は、水分を弾くので、おしっこやお茶、よだれなどの汚れにも強いですね。クレヨンなどの汚れも落としやすいです。

本革のソファというのもありなんですが、価格が全然違ってきますので!そのあたりは、予算との相談ですね。

 

 

汚れが落としやすい素材②:カバーリングソファ

カバーを取り外して丸洗いできちゃう、カバーリングソファもおすすめです。

 

なんといっても洗えるのは清潔を保つことが出来ますから助かりますね。カバーはドライクリーニングのみのものもあれば、自宅で洗えるものも有ります。

また、カバーの色や柄を選べるので、いくつか持っておいて季節や気分で交換するのも楽しみになります。

 

 

 

汚れが落としやすい素材③:布張りソファ

私は布張りのソファを選びました。

子供がソファでおもらしをした時も、慌ててクッションのカバーを外して、翌日ドライクリーニングに出しました。交換用のカバーを買っていなかったので、クリーニングが出来上がるまでの間は枕カバーを代用してクッションに被せていました。

 

布張りのソファはカバーを自宅で手洗いできるものもあります。クッションの中身は、カバーを外した時に干したり、布団掃除用のヘッドに付け替えた掃除機で吸ったりして、清潔に保つようにしています。

取り外しができない製品も多いので、見た目という点では、汚れが目立ちにくいカラーを選ぶのがオススメです。

 

ソファ用のカバーもたくさん販売されていますので、気になる方はコチラの記事もどうぞ。

【関連記事】▼子供の汚れ防止にピッタリ!【ソファカバーおすすめ5選】清潔&新品並みに>>

 

まとめ:子供と過ごすソファー選び&汚れ対策

1. 赤ちゃんや子どもには座面が低いローソファ・フロアソファが安全面としてもおすすめ

2.ローソファはお昼寝にも便利

3.ローソファは子供の遊び場としても比較的安心できる

4.子供が小さい頃はソファが汚れるのは避けにくい

5.汚れても大丈夫なソファ選びを検討してみて

6.合皮ソファ汚れたらサッと拭けるのでおすすめ

7.カバーリングソファや布張りのソファはカバーを取り外して洗えるのでおすすめ

 

以上が、小さいお子さんがいらっしゃるご家庭でのソファ選びのポイントです。

ソファは、家族皆んなで使うものなので、選ぶのに悩みますね。

 

特に、「汚れ」については悩みどころです。

でも、ソファが汚れたとしても、すぐにお手入れすれば長く使えますよ。我が家のソファは家族皆んなのお気に入りで、かれこれ6年程使っています。

 

 

家族のことを考えて探せば、たくさんのソファの中から、きっとピッタリの物がみつかるはずです。あなたも是非、素敵なソファを探して下さい。

 

子供にも安心なオススメのソファはこちらの記事でも紹介しています。 

【関連記事】▼ 赤ちゃん・子供向けローソファ・フロアソファの失敗しない選び方&おすすめ10選。

合わせて読みたい
【心配解消!】赤ちゃん・子供向けローソファおすすめ10選。失敗しないフロアソファの選び方

続きを見る

 

-ソファ
-, ,

© 2020 ララカグ