キッズ家具

【子供のドアはさみ予防グッズ】指挟み防止にはコレがおすすめ!

2019年10月13日

赤ちゃんがおうちのドアに指を挟んじゃった!!そんな恐ろしい事故、経験したことありますか?
実は、私はあるんです。
それはもう、今考えてもゾッとする出来事。大事には至らなかったのですが、本当に危なかったです。
今回は、私が長男の指をドアに挟んでしまった事件と、それから防止策としてしていることについてご紹介します。

赤ちゃんは「隙間」に興味津々!

赤ちゃんって、行動範囲が広がっていくにつれて、あちこち触れるものは何でも触っちゃいますよね。
我が家の長男は、1歳3ヶ月ごろから、あんよが安定してきて、家の中を歩いて探検できるのが楽しくてたまらない感じでした。どんどん歩くのが上手になり、びっくりでした。そして、歩きながら、あちこちの隙間に指を突っ込むんです!どうしてわざわざ?と思うんですが、そもそも赤ちゃんには、『危険』という認識が無いから仕方ないですよね。だから、危ないという事を教えつつ、安全を守ってあげたいですね。

 

 

ドアの隙間に長男の指を挟んでしまった!

ちょうど、あんよが上手になる頃、『後追い』をするようになった長男。私がどこへいくにも、後を追って付いて来ます。もちろん、トイレも出待ちされます!
そんなある日、長男と2人でお出かけしようと支度していたとき、私が洗面所から出てドアを閉めようとしたら、なんだか閉まりが悪いなぁと思ったら、なんとドアの裏に長男が!!そしてドアの隙間に長男の指が挟まってしまっていました!!真っ青になった私は慌てて、長男の指を確認しました。指の、挟んだ部分に型がついて赤くなっていました。大声で泣く長男。

あれほど血の気が引いた事は今までありません。指が無くなってないかとゾッとしました。

幸い、しばらくすると元に戻って、平気そうでした。病院にも連れて行きましたが、特に異常は無しでした。
とりあえず一安心です。
でも、ドアの隙間には何か対策をしなければと思いました。

 

 

指挟み防止カバーを取り付け!

 

今回は、ドアの外側に長男がいて、しかもドアの裏側に隠れているのに気付かなかった私の不注意でした。
子供が部屋のどこにいるのか、いつも把握しておく必要がありますね。

でも、もしも気付かなかった場合にも大丈夫なように、『指挟み防止カバー』を購入しました。これをドアの子供が手が届く高さに付けておきます。カバーはプラスチック製で、ジャバラ状になっているので、ドアの開閉も問題有りません。

 

 

2人育児で、上の子がいる場合はさらに注意が必要!

 


あらゆるドアからお子様の指詰めを防ぐ フィンガー・アラート(2本セット) 【RCP】fs04gm

 

最近、次男が歩くようになり、長男と同じく、ドアの隙間に指を入れようとします。
特に、お兄ちゃんがトイレに行く後を追っていって、トイレのドアに指を挟みそうになりました。

長男もまだ周りが良く見えてないので、ドアを勢いよく開けるし、まさか弟がそこにいると思わないようです。「ドアはそっと開けてね!」と毎回言ってもなかなかわかってくれません。
慌てて、また『指挟み防止カバー』を購入しました。
上の子がいる場合、下の子に怪我をさせることが多いので要注意です!

※価格は、若干高くなりますが、こちらもオススメ

 

 

まとめ

1.あんよが安定する時期は、赤ちゃんの指や手が入るところに注意が必要
2.赤ちゃんは『隙間』に興味津々なので要注意
3.赤ちゃんは『危険』なことが分からない
4.赤ちゃんがドアの裏に隠れている場合があるので要注意
5.『指挟み防止カバー』を付けると赤ちゃんがドアの隙間に指を挟むのを防ぎやすい
6.上の子が開閉するドアに下の子の指を挟む場合があるので気をつける

 

以上が、私が子供たちの指をドアに挟まないように対策していることです。

急いでいたり、色々と要因が重なると、どうしても子供の危険に気づけないことは結構あります。

もちろん、注意することは必要ですが、怪我をしないようにあらかじめ対策をしておくと安心ですよ。兄弟がいたら、子供の行動は予測不可能なので、出来るだけ対策をしておいた方がいいです。今はドアの『指挟み防止カバー』にも色々な種類があるので、おうちに合ったタイプを是非検討してみてください!

 

[blogcard url="https://hopsinteria.com/itazura/"]

 

 

-キッズ家具
-

© 2020 ララカグ