開催中のAmazonタイムセールをチェック ▶▶

【おしゃれに壁付け!】ハンガーフックおすすめ4選。大きな穴を開けない壁掛け

この記事では、お部屋の壁やドアを便利な収納スペースに変えてくれるハンガーフックについて紹介します。
壁に取り付けるだけで洋服や帽子などをおしゃれすっきり収納することができますよ。
便利なハンガーフックの選び方やニトリなどのおすすめ商品をお届けします。

洋服や鞄、帽子などの収納に困ったことはありませんか?

収納スペースが足りなくて困っているんだけど
なるべく部屋に物を増やしたくないのよね

子どもが脱いだ服をそのままにするので
すぐに部屋が散らかってしまうなあ

お部屋をもう少しおしゃれに見せたいけどいいアイデアはないかしら

こんな悩みを解決してくれるアイテムが「ハンガーフック」です。
ハンガーフックを壁などに取りつければ、そこに洋服や帽子などを掛けることができます。


部屋がすっきりするだけでなく、インテリアとしておしゃれな部屋に早変わりする嬉しい効果もありますよ。

本記事ではハンガーフックの選び方とともに、人気のおすすめ商品を厳選してご紹介します。

目次

ハンガーフックで壁付け収納をする3つのメリット 

それではここからは、私が実際にハンガーフックを使ってみて「ここが良かった!」と感じたメリットを3つ紹介します。

・部屋の収納力と機能性がアップ!

ハンガーフックの一番の魅力は、なんといっても収納が簡単という点です。
パッと引っ掛けるだけなので、片付けが苦手な人や子どもにもピッタリな収納方法です。
収納が簡単ということは、取り出すのも簡単。クローゼットや押し入れにしまう手間が省けるのも嬉しいですね。
また、ハンガーフックにはさまざまな種類があるので、自分の求める収納力やサイズ、デザインにあわせて選ぶことができます。

・デッドスペースを活用できる!

ハンガーフックは廊下階段玄関などの壁やドアに設置することができます。
それまでは利用価値を見出せなかった壁が、ハンガーフックを取り付けるだけで快適な収納スペースに早変わりします。
どんな場所でも便利な収納として有効活用できるようになりますよ。

・見せる収納で部屋をおしゃれに演出!

取り付けることで部屋がおしゃれな空間へと変化するのもハンガーフックの魅力です。
ハンガーフックにはさまざまな種類があります。
シンプルに使うなら、洋服を掛けたり鍵などのアイテムを吊るしたりできるものを選ぶとよいですね。
棚やラックがついていて、ちょっとした小物などをインテリアのように置いて飾ったりすることができるタイプのものなどもありますよ。
部屋をすっきりおしゃれに見せたい人は、是非ハンガーフックを使った収納を取り入れてみてくださいね。

ハンガーフックはどこに壁付けすると便利?

ここからは、ハンガーフックを使うとどのような部屋作りができるのか、具体的な事例を紹介します。


お部屋や廊下などハンガーフックを使う場所によって用途や目的は変わりますよね。
今回はハンガーフックを取り付けるのにおすすめの場所別に4つの事例に絞ってご紹介します。

・玄関

玄関には、普段使っている上着やバッグを壁にかけておくととても便利です。
外から帰ってきてすぐにハンガーフックに掛けるという習慣をつければ、リビングに脱ぎっぱなしになるようなことはありませんね。
玄関にそこまで多くのものを吊り下げておくのは避けたいという人は、鍵を掛けたりちょっとしたメモを張り付けておいたりできるマグネットボードを設置してみてはいかがでしょうか。
出掛ける時に鍵が見つからずに慌てるようなことがなくなりますし、インテリアとしてもアクセントになりますよ。

・リビング

リビングでハンガーフックを使用する場合は、収納アイテムとしてではなくインテリアを重視して選ぶといいかもしれません。
絵画やドライフラワーをぶら下げれば、リビングが簡単におしゃれな空間に様変わりします。
もちろん収納を目的としてバッグや帽子、小物などを壁に掛けるのもいいですね。
収納としての機能を持つだけでなくインテリアにもなるアイテムだなんて、一石二鳥ですね。

・キッチン

ハンガーフックはキッチンでも大活躍します。
よく使うフライパンなどの調理器具は壁に吊り下げておくととても便利です。
取り出す際の手間が省けて調理がスムーズになるだけでなく、戸棚のスペースを減らすことにもつながります。
ミトンやエプロンなどを掛けておくのもいいですね。

・子供部屋

ハンガーフックはなにかとものが多く散らかりがちな子供部屋にもぴったりです。
パッと掛けるだけで片付けられるので、片付けが苦手な子への習慣づけにとても良いアイテムです。
通学鞄や習い事バッグ、帽子など、普段よく使うものを壁に掛けるようにするといいですね。
子どもが使うことを考えて、金具ではなく木材にするなど、素材に配慮して選ぶのが良いでしょう。

おしゃれなハンガーフックおすすめ4選

ここからは、具体的におすすめのハンガーフックを紹介します!

ハンガーフックを選ぶときに気を付けたいポイントは
大きく分けて5つあります。

ハンガーフック選びのポイント

・設置方法:釘(ネジ)・ピン(画鋲)・粘着テープなど。しっかり固定したいなら釘(ネジ)を選択。
・フックのタイプ:収納できるもの、スライド式のもの、ボタンの形のものなど。
・耐荷重:コートなど重いものを掛ける時は注意が必要。
・材質:木製、プラスチック、アルミニウム合金など。使う場所に合わせて選択。
・機能性:雑貨などを飾れる棚付きもおすすめ。

先ほど紹介したように、どこで使うか、何のために使うかといった使用目的によって、選ぶポイントは変わってきます。

ここでは5つのポイントを軸に、おすすめ商品を4つに厳選して紹介します。

①【WALL MATES】ハンガーフック 長押(なげし)レール

「置く」「掛ける」「吊るす」の3役を兼ね備えた収納アイテムです。
簡単に取り付けることができ、サイズも豊富に用意されているため使う部屋に合わせた商品を選択することができます。
専用のオプション金具でカスタマイズも可能なので、自分好みの収納スペースを作ることができるのも魅力です。

設置方法:ピン/ネジ
フックのタイプ:好きな位置に移動可能
耐荷重:ピン5kg/ネジ10kg
材質:本体:シート貼りアルミ、キャップ:樹脂、フック:スチール
機能性:オプション金具利用で様々な使い方が可能(棚付けも可)

②【Sageme】キーホルダーシェルフ

玄関に設置するのがぴったりのキーホルダーシェルフです。
上部の棚に盛り上がったエッジでお気に入りのデコレーションを飾ったり、かわいい植物や写真で廊下をリフレッシュしたりできます。

設置方法:ネジ
フックのタイプ:4つ固定
材質:木材(フックは金属)
機能性:棚付き

③【ニトリ】ウォールハンガー

お手軽価格で便利なグッズが手に入るニトリのウォールハンガーです。
フックが上向きで掛けたものが落下しにくく使いやすくなっています。
取り付けも簡単にできてとてもシンプルなので、手軽に導入できるアイテムです。

設置方法:ネジ
フックのタイプ:5つ固定
耐荷重:1kg
材質:ラバーウッド
機能性:シンプルなフック

④【WALL MATES】スリムレールフック

壁を上手に使う壁付けインテリアで有名な【WALL MATES】からもう一品。
飾れる壁掛け収納でおしゃれな空間を作ってくれるシンプルなハンガーフックです。
フックはスライド式で好きな位置に動かすことができます。
服やバッグ、小物など飾りたいもののバランスに合わせて自由に位置を調整できるのが魅力です。
デザインもシンプルで、どんな空間にもなじみます。

設置方法:ピン/ネジ
フックのタイプ:スライド式
耐荷重:ピン5kg/ネジ10kg
材質:アルミ/プラスチック樹脂
機能性:シンプルなレールフック ※スリムシェルフとの併用も可能

まとめ:おしゃれに壁付け!ハンガーフック4選。大きな穴を開けない壁掛け

部屋や廊下を一瞬で収納スペースに変えてくれるアイテム、ハンガーフックについて紹介してきました。

 ・デッドスペースを使って収納力機能性がアップ!
 ・見せる収納で部屋がおしゃれな空間に!
 ・豊富な種類のハンガーフックから目的に合わせて選択できる!

いかがでしたか?
ハンガーフックを取り入れて、おしゃれで機能的な部屋作りを楽しんでくださいね!

この記事を書いた人

MAKO

インテリア・家具ブロガー

当サイトでは、暮らしを楽しくするインテリアや家具のおすすめ情報を発信しています。子育て中のママの視点も交えて、時短アイデアや便利グッズの紹介もしています。

  • インテリアコーディネーター
  • 家具・寝具アドバイザー
  • 大手インテリアメーカー勤務10年

ご質問やレビュー依頼など、
お気軽にお問い合わせからどうぞ!

目次