【全集中!】高校生におすすめ学習椅子3選。2万円以下で勉強効率UP!

この記事では高校生におすすめする椅子3選をご紹介します。合わせて、集中力がアップする椅子選びのポイント3つも合わせてご紹介します。

  • 正しい姿勢で集中力アップ!座り方の3つのポイント
  • 高校生におすすめする椅子3選。勉強効率UP!
大学受験に向けて学校以外でも塾とか家で勉強しているんだけど、長時間、座っていると腰や肩が痛くなってきちゃって…
それって椅子が体に合ってないんじゃないの?体に合う椅子を探して見たらどうかな。
体に合うって言われても・・・椅子に座ってみないと分からないよね?
それなら、体に合わせて調節してくれる椅子がいいんじゃない?人の身体を研究して作られた椅子があるんだよ!

ということで、今回は高校生におすすめ!勉強効率UP間違いなしの椅子3選をご紹介します。合わせて、勉強効率UPに欠かせない、椅子の座り方も合わせてご紹介します。

目次

正しい姿勢で集中力アップ!高校生向け学習椅子の選び方

高校入学後、受験まで、どんなに早く勉強を始めても2年半ほどしかありません。限られた期間、いかに集中して効率よく勉強できるかが志望校合格の鍵となります。

となれば、効率よく勉強するためには集中できる環境が必須です。長ければ1日12時間以上座ることになる椅子が重要なのはいうまでもありません。

とはいえ、どんなに高機能な椅子を使っても座り方に問題があると、体の一部に負担がかかり、背中の痛みや腰痛、肩こりを引き起こす原因にもなります。

勉強をする中で腰の痛み、肩こりに悩まされると、本来持っている集中力を発揮できないまま、受験を迎えることに。

まずは、勉強に最大限集中できる座り方を身につけましょう。

座り姿勢で立ち姿勢の1.4倍腰に負担が

特に受験を控える高校生は、授業や塾・自宅学習で長時間椅子に座ることも多いはず。

椅子に座り続けることによってどれだけ腰に負担を与えているか知っていますか?

下のグラフをご覧ください。

座り姿勢は立ち姿勢の1.4倍、腰への負担が増します。座ることで、両足への負担は解放されます。その分、両足が受け持っていた荷重は、腰が引き受けることに!

座ると腰が痛くなる理由、納得できますね。

さらに座って前傾姿勢ともなると、腰への負担は1.85倍に!

引用:Tarzan 腰椎の椎間板にかかる負荷を計測したグラフ

確かに勉強していると、いつの間にか前屈みになってしまうことあります。
あなたが猫背なのは当たり前なのでは?
グフッ、痛いところを・・・

同じ姿勢が長時間続くと、血流が滞って、それが痛みや凝りとなって現れます。また上半身の姿勢が悪いと呼吸の働きをコントロールする胸郭が十分開かず、呼吸が浅くなる原因に!

そうなると脳に十分な酸素を送ることができず、集中力が低下したり、頭の回転が鈍くなります。

姿勢がくずれる➡腰痛や肩こり発症➡集中力が低下して勉強の効率が悪くなる➡勉強が進まない分、長時間座って勉強する➡長時間の勉強で疲れる➡姿勢がくずれる➡腰や肩への負担が増加➡集中力低下➡・・・➡

このような悪循環にならないように、座った時にも立ち姿勢を維持することによって、身体への負担を軽減させ、集中力の低下を防ぐことが大切です。

正しい姿勢で座ることで、結果的に短時間に集中して勉強できるんだね。

正しい座り方を身に着けて受験を乗り切ろう

正しく座ることがいかに体の負担を和らげ、集中力の低下を抑えるか知っていただいたので、椅子を新しくする前にまずは、正しい座り方を身につけましょう。3つのポイントを抑えるだけなので簡単です。

正しい座り方のポイント

  1. 椅子に深く座る
  2. 足の裏を完全に床に着ける
  3. 膝を90度に曲げる

3つのポイントを抑えた上で楽に長時間、椅子に座ることができたら身体に合った椅子といえます。そうでない場合は、次に紹介する身体に合った椅子を選びましょう。

その椅子は大丈夫?疲れにくい椅子選びのポイント4つ

残念ながら、誰にでも合う椅子はありません。正しい座り方に調節できる椅子が、一人一人の身体に合った椅子ということになります。

具体的には、

  1. ランバーサポート機能
  2. 高さ調節機能
  3. ひじ掛け機能
  4. ロッキング機能(リクライニング)

を搭載した椅子を選びましょう。

成長期のピークを迎えたとはいえ、高校生にあたる15歳~18歳はまだまだ体が変化しやすい時期です。身体の変化にともなって痛みが出てしまうのも仕方のないことです。

しかし、これらの機能があれば、身体に変化や痛みが現れたとしても、調節して、痛みを和らげることもできるので安心です。

身長が伸びて、制服が合わなくなった高校生も見かけるね。

ランバーサポート機能は、座っていながら自然な背骨のS字曲線を維持してくれる機能です。

繊細な腰の位置を微調整できるのは成長期の私にとって神機能!ありがたや~。
さらに、人間の身体を研究して作られた人間工学椅子であれば、高校生の繊細な身体も楽に理想の座り姿勢を維持できますよ。
スポンサーリンク

【約1万円~2万円】高校生向け!おすすめ学習椅子3選

ここからは、高校生におすすめの勉強効率UP間違いなしの椅子を3選ご紹介します。3つの視点から選びました。

  1. 購入しやすい価格帯(約1万円~2万円)
  2. 人間工学椅子である(椅子に座って勉強する時間が長い高校生にピッタリ!)
  3. 調節機能が充実している(成長期の微妙な身体の変化が起こりやすい高校生にピッタリ!)
ヤッター!お小遣いで買える♪

第1位 ロッキングオフィスチェア|DEVAISE

頭まで支えてくれるハイバックが特徴のDEVAISE。頭・腰・お尻全てを理想のポジションで支えてくれる設計が勉強に疲れた体を癒してくれます。

ハイバックの人間工学椅子でありながら、価格は驚きの1万円以下!

ヘッドレストは動画学習に最適です。頭の高さと向きをパソコンやスマートフォンの位置に合わせてセット!らくらくポジションで集中力が途切れることなく学習できます!

ついつい動画を見ていると猫背になって肩が凝ることもあるからね~、これは嬉しい機能!

さらに、ロッキング機能で40度椅子を傾けられるので、長時間の勉強で疲れた時や気分転換に◎。

一気に首から肩にかけて脱力できるので、椅子に座っていながら、リラックスできちゃいます!

部活で疲れてるから、リクライニングしすぎると、心地よすぎて熟睡しちゃう。でも、これくらいの角度だったら、安心!

そして、座り心地にも拘っていますよ。お尻が痛くなる原因に座面の薄さがあげられますが、座面の厚さはなんと9cm!

女子のお尻は繊細だから、私にピッタリ!

弾力性の高いウレタンがほどよい座面の反発感を生み出すので、お尻を支えてくれます。また座面を絶妙にカーブさせることで、お尻が自然と最適な場所にフィットするんです。

肉厚座面と絶妙カーブで全身を安定させて、疲れにくい姿勢が保てます♪
これなら塾終わりの私もひと頑張りできそう♪

跳ね上げ式のアームレストなので、テーブルとぶつかって収納できないなんてこともないですよ!使い勝手も抜群です♪

これだけ理想の機能が全部そろって1万円以下!全ての高校生におすすめできるリーズナブルなデスクチェアです。

第2位 人間工学デスクチェア|‎Javineeno

Javineenoのハイバックチェアです。こちらは約2万円とDEVAISEより高くなるものの、その分、頭・背中・腰・座面に分けたゾーンそれぞれ張りの強度を変えているのが特徴。

確かに、腰や背中やお尻とか、かかる力は全部同じじゃないものね~、場所ごとに受け止める力を変えてるんだね♪これは、楽に座れそうだよ。

他にも、立っている姿勢に近いので腰や背中の痛みも感じにくいよ♪

背面と座面の面積は広めに設計されているので、ゆったり座れて身体が窮屈さを感じることはありません。

またヘッドレストの角度・昇降調節機能付きで、頭の重さをしっかり支えてくれるので、首こりや肩こりにもなりにくい。

全面メッシュ素材なのも嬉しい♪受験生にとって夏は、勝負の季節。これなら頑張れる!

ロッキング機能、高さ調節機能といった基本機能も搭載しての2万円以下!背が高く体格のいい方にもおすすめしたいデスクチェアです。

第3位 疲れないオフィスチェア|FelixKing

なだらかな曲線が美しいFelixKingの実勢価格は約1万2千円。高価になりがちな人間工学椅子の中でも、この値段設定はとってもリーズナブル。

リーズナブルでもしっかり装備。腰を支えるランバーサポートは上下調節可能なので、男子も女子もピッタリ!背中の疲れと痛みを大幅に軽減できますよ♪

ロッキング機能も充実しており、背もたれが後ろに倒れるリクライニング機能と前後に揺れる機能を搭載。座面下のねじの回し加減で、ロッキングの柔らかさを調整できます。

勉強の隙間時間に、ロッキング機能でユラユラ~、リラックスできそう。
姿勢を変えられるので、同じ姿勢が長時間続くことによる肩こりや腰痛の原因を防いでくれるよ。

背もたれは2重のメッシュを採用しているので耐久性が高く、長期間使用できます。通気性もよいため、背中のベタつきが気になる夏の受験期もOK!

活躍間違いなしのFelixKing、受験のお供にいかがでしょうか。

まとめ:【全集中!】高校生におすすめ学習椅子3選。2万円以下で勉強効率UP!

お気に入りのデスクチェアは見つかりましたでしょうか?ここでもう一度整理しておきましょう。

高校生におすすめする椅子の選び方

  1. ランバーサポート機能
  2. 高さ調節機能
  3. ひじ掛け機能
  4. ロッキング機能

身体が変化しやすい成長期にも安心のこの4つの機能を満たした椅子を選びましょう。

椅子選びで迷ったときは、全ての機能がそろって1万円以下!人間工学椅子のDEVAISEがおすすめです!

自分の身体に合った椅子を手に入れると、集中力が上がって勉強効率もアップします。一方で身体に合わない椅子を無理して使い続けると肩こりや腰痛が原因で、勉強する意欲が低下してしまうこともあります。

理想の椅子を手に入れて、ワンランク上の大学を目指しましょう。

この記事を書いた人
インテリアコーディネーターMAKO

MAKO

インテリア・家具ブロガー

当サイトでは、暮らしを楽しくするインテリアや家具のおすすめ情報を発信しています。子育て中のママの視点も交えて、時短アイデアや便利グッズの紹介もしています。

  • インテリアコーディネーター
  • 家具・寝具アドバイザー
  • 大手インテリアメーカー勤務10年

ご質問やレビュー依頼など、
お気軽にお問い合わせからどうぞ!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる