在宅勤務・テレワーク

【捗る!】テレワークにオススメのネット光回線・比較!在宅勤務&スタイルに合わせた選び方

この記事では、現在定着しつつあるテレワーク・在宅勤務に適したオススメの光ネット回線を紹介しています。

光回線と一言で言っても、あなたの環境や状況に合うかどうかが一番重要だと思います。

 

この記事のまとめ

これからネット回線の契約・切り替えをしようと思っている方に!

・YES・NOで選ぶあなたに合った光回線を解説
・光回線を選ぶときの3つの重要ポイントを確認
・それぞれの光回線プロバイダのメリット・デメリット

自宅でのテレワーク・在宅勤務の環境はこれでバッチリ!

 

テレワーク(在宅勤務)が定着しつつある中で、お仕事やちょっとした息抜きでネットや動画配信サービスを利用している方も増えてきています。

ネットといえば、光回線ですが数多くある中で、よく聞くというだけでネット回線を選んでいませんか?

「そんな事言われても、どれを使えばいいの?」

「プロバイダーの数が多すぎてよくわかんない…。」

「CMで流れているサービスが一番いいんじゃないの?」

 

という方も多いハズ。

そこで今回は、これからネット回線の契約・切り替えを考えている方へ、お得でおすすめの光回線を紹介していきます。

かれこれ2年以上在宅ワークをしている私ですが、
「色んな比較サイトを見たければ正直どこも同じランキング!」だと感じて困っていたんです。ですので選ぶべきポイントを私なりにまとめてみました。

この記事を読んで、それぞれの特徴を理解しつつお得な回線を使えるようにしちゃいましょう!

 

テレワークにおすすめのネット回線比較

それぞれの光回線には性格や特徴が当然あります!

詳しい解説は後半に置いておいて、まずはあなたに合った「おすすめの光回線」を見ていきましょう!

 

状況別で選ぶネット回線早見表

下のチャートを見ながら、まずはあなたの状況に合う光回線はどれか?を確認しましょう。 

チャート表にあるように、お引越しの予定があるか?オンライゲームをするか?によって大きく方向性は、変わってきます。

当然、お住いの地域によってエリア対応していないプロバイダもあるので少し多めに掲載をしています。

 

ご自身の方向性がわかった後に、下記それぞれの特徴も確認していきましょう!

 

1.通信スピード重視なら

・NURO光

 

ネット回線の中でも、最速2Gbps(最大速度)のSo-netが提供する光回線サービスです。
CMがすごい流れているので、ご存知の方も多いハズ!

 

特にオンラインゲームをするプロゲーマーや、ゲーム好きの方が使うシェアハウス・eスポーツカフェでは、NURO光が採用される事も多いんだとか。

速度にストレスを感じたくない方やオンラインゲームをする方には最もお勧めなのが NURO 光です

 

他の比較サイトを見ても、間違いなく上位に入ってくる人気光回線サービスです。

NURO光・公式ページはコチラ>

 

最強なサービスと言えども、、、NURO光にも当然メリットもあれば、デメリットもあります!

NURO光のメリット・デメリット>

 

 

2.引越し予定があるなら

今後近いうちに引っ越しの予定がある方、解約する可能性がある方は以下の光回線プロバイダがおすすめ。

・おてがる光
・enひかり
・ぷらら光
・exciteMEC光

 

いずれのプロバイダも契約期間の縛りがないのでいつ解約しても料金は発生しません。

その代わり新規工事を行うという場合は、15,000円~程度かかってくるので注意が必要です。(うまくキャンペーンを使うことで、工事費はお得になります!)

逆に言うと、工事料金がかからない上記以外のサービスの場合は2年や3年の契約が前提として料金が組まれていることもあり、解約料金が高くなることも注意が必要です。

 

速度の面でも、NURO光には及ばないまでも、IPoE(混雑しにくい回線)に対応しているので、不都合を感じる事はありません。

どうしても、家で使用する人が多くなる夜の時間帯でも比較的安定しています。

 

各サービスのメリット・デメリット>

おすすめ光回線・各サービスの比較表>

 

3.とにかく価格を抑えたいなら

月額の料金を抑えたい!という場合には、キャッシュバックキャンペーンも積極的な以下の光回線プロバイダがおすすめ。

・auひかり
・ビックローブ光
・So-net光
・@nifty光

 

NURO 光と比較すると回線速度は劣りますが、在宅勤務やテレワークで必要とされるツール(例:Zoom・Skype)

動画配信サービス(例:YouTube 、Netflix)や本格的なオンラインゲームでなければ十分なスペックです。

 

ただし、上記のサービスは契約期間の縛りがあるので注意が必要です。
持ち家だったり、今後引っ越しの予定がない方であれば月額料金が非常に安くなるので、こちらのサービスがおすすめです。

また契約されている携帯キャリアによってはセットの割引が適用されることも多いのでご自身に合ったサービスを選ぶのが良いでしょう。

 

今回は、詳しくはお伝えしませんが、それぞれのサービスの比較は以下から御覧ください。

おすすめ光回線・各サービスの比較表>

 

 

テレワークに向いたネット回線の選び方 3ポイント

ここからは、テレワーク・在宅勤務で考えておきたいネット回線の選び方のポイントを3点にまとめました。

いくつかポイントはあるものの、大きくこの3点を抑えておくのが大事です!

 

1.混雑しにくい回線(IPoE)がおすすめ

IPoE と言われてもピンとこない方がほとんどだと思いますが、簡単に言うと 以下のような解釈になります。

PPPoE(Point-to-Point Protocol over Ethernet) =混雑しやすい回線
IPoE(IP over Ethernet)= 混雑しにくい回線

 

最近のテレワークや在宅勤務が増えている状況ではインターネットに接続する人が格段に増えているような状態にあります。

ゴールデンウィークやお盆期間に車が渋滞するように、今までは会社単位で接続されていたネット接続が、日中も含め各家庭ごとに頻繁に接続されるような状態になっているわけです。。。

IPoE方式であれば混雑しない形で、直接インターネット接続が行われるので、スムーズで快適な接続が行えます。

 

2.契約期間をしっかりチェックする

光回線の契約を考える時に気にしておかないといけない事として、契約期間の縛りがあります。

 

持ち家や今後引っ越しする予定が2年以内に考えられないようであれば、契約縛りがあるプロバイダの方が月額料金は安く契約できる点ではお得です。

しかし、多くの光回線サービスでは契約期間の縛りを設けているのがほとんどです。一見すると月額料金は、かなり安く見えますが、解約するときに解約料金と工事負担金を請求される場合もありますのでご注意ください

 

私の場合は引っ越しをする可能性があったことを考慮して、解約しても「違約金が発生しないプロバイダ」を選択しました。

 

 

契約期間の縛りがないおすすめプロバイダは?

多くの比較サイトでは料金がお得やキャンペーンのキャッシュバックが多い光回線サービスをおすすめするケースが多いと思いますが、引っ越しや解約の可能性がある場合には以下プロバイダーがおすすめです。

・enひかり(月額3,480円)
・おてがる光(月額 3,430円)
・ぷらら光(月額 3,600円)
・exciteMEC光(月額 3,500円)
※いずれもマンションタイプの料金。

 

これらのプロバイダーであれば、契約時に違約金が発生せずいつ解約しても0円です。

解約金がないだけでなく接続がスムーズに行える IPoE対応ですので速度も安定しています。

※ぷらら光は、キャッシュバック特典を受けた場合は、違約金が発生します。
◯◯ドットコムなど大手比較サイトでは、キャッシュバックキャンペーンがあるサービスを中心に紹介している為、契約縛りが発生するように記載されているケースもありますのでご注意ください。

 

ちなみに、NURO 光や so-net 光、 SoftBank 光などは CM などでよく見かける光回線のプロバイダーですか、どの回線も違約金が発生します。

 

逆に、違約金の発生しない光回線プロバイダは CM などであまり見かけない分、認知はされていません。
あくまで推測ですが、宣伝広告料にあたるキャッシュバックキャンペーンを実施していない分、トータルで考えると安くなる!というケースもあり、おすすめです!

 

 

3.使用する人数も考慮すべき

私の場合は、引っ越しの予定が考えられる事から、exiciteMEC光を選びましたが、
それぞれのご家庭の事情に合わせて最終的には、選ばれるのが良いと思います。

 

基本的には、最初にお伝えしたフローチャートに沿って検討されるのが近道ですが
ご家族の人数やオンライゲームを使うなど速度を気にされるのであれば回線速度の最も高いNURO光を選んでも良いかと思います。

 

私が仕事上で、重視していたポイントとしては、ある程度速度がないと1GB以上のファイル転送や、やり取りが発生する事もあり困る!と考えていました。

 

exiciteMEC光をはじめとする、違約金が発生しない光回線プロバイダーは、速度は1日中100Mbpsほどは出るので、ファイルのやり取りで困るという事は発生していません。

 

容量無制限と謳っていたWifiを使っていた時期もあるのですが、回線速度があまりにも遅くて、仕事にならない!と思ったので、光回線に切り替えた経緯があります。

速度にこだわりがないという場合には、今回ご紹介したプロバイダを選択されるのがオススメです!

 

 

テレワークだけで考えない!光回線選びの注意点

光回線を引いたことがない場合は、工事費がかかる

違約金のかからないプロバイダーの注意点としては、光回線を引いた事がない環境の場合は、工事費がかかるという点が挙げられます。

通常の共用住宅(マンション・アパート)であれば主力となるNTTフレッツ回線がつながっているケースが多いですが、契約前に確認は必要です

 

※ちなみに、

 フレッツ光とは…NTTが提供する回線サービス。
 nuro光、auひかり、eo光…NTT以外の独自回線サービス となるので、別途工事が必要となります。

一方で、契約期間に縛りのあるプロバイダーの場合は、契約期間が長い分、工事費が不要のケースも多いです。
どの回線サービスにも一長一短がありますので、ご自身の判断で選択されるのが一番。当サイトでは、これが一番良いというスタンスは取っていません。

くれぐれも、CMで見て有名だったからというだけで選ばないように!という事を私としてはお伝えしたいぐらいです。

 

 

テレワークにおすすめのネット回線・メリット&デメリット

簡単ですが、おすすめのプロバイダー5社についてメリット・デメリットをまとめておきます。

 

回線速度重視の方へおすすめ:NURO光

NURO光のメリット

・最大2Gbpsの最速回線。オンラインゲーム好きの方には最適!
・開通するまでモバイルwi-fiを安くレンタルできる
・工事費無料(1334円×30ヶ月=40,000円相当)
・ソフトバンク携帯を利用している場合は、セット割が使える
・キャッシュバックキャンペーンが非常にお得!

 

NURO光のデメリット

・申し込み~工事(開通)までが時間がかかる
・2年の契約縛りがある
・解約金がかかる

 

契約時に、キャッシュバック額が大きいだけで、代理店を選択すると解約時の違約金(30,000円~)が高くなるという場合もありますので、ご注意ください! 
So-net公式サイトが、あまり表立ってはPRしていないようですが、違約金が少なく(約9,500円)キャッシュバック額45,000円とお得です。

 

NURO光・公式ページはコチラ>

 

 

引越し予定の方におすすめ①:おてがる光

おてがる光のメリット

・月額料金が安い! 3,430円(V6プラス込)
※3社の中では、月額料金が一番オトク
・IPoEの混雑が少ないV6プラスが使える(申込時にオプション追加)
・契約期間の縛りがない

 

 

おてがる光のデメリット

・キャッシュバックキャンペーンはなし(その分違約金がない!)
・2019年11月に開始したばかりなので、評価も少ない(が、解約できるので心配なしかと)

 

おてがる光・公式ページはコチラ>

 

 

引越し予定の方におすすめ②:enひかり

enひかりのメリット

・月額料金が安い!3,480円(V6プラス込)※戸建て4,480円
・IPoEの混雑が少ないV6プラスが使える
・契約期間の縛りがない
・UQモバイルユーザーは月額100円割引

 

 

enひかりのデメリット

・対応ルーター(月300円)はレンタルできるが、トータル的には買ったほうがお得か。
・キャッシュバックキャンペーンはなし(その分違約金がない!)

 

enひかり・公式ページはコチラ>

 

 

引越し予定の方におすすめ③:ぷらら光

ぷらら光のメリット

・月額料金 3,600円(V6相当サービス=OCNバーチャルコネクト込)
※戸建て4,800円
・IPoEの混雑が少ないV6エクスプレスが使える
・Wi-Fiルーターは無料
・契約期間の縛りがない
(ただし、ひかりTV2ねん割を選択すると契約縛り発生するので注意)

 

ぷらら光のデメリット

・工事費は有料(~18,000円)
・キャッシュバックキャンペーンがあるが、キャッシュバックを貰う3年縛りになる

 

ぷらら光・公式ページはコチラ>

 

引越し予定の方におすすめ④:exciteMEC光

exciteMEC光のメリット

・月額料金 3,500円(V6相当サービス=OCNバーチャルコネクト込)
※戸建て4,500円
・IPoEの混雑が少ないV6が使える
・Wi-Fiルーターは月額100円でレンタル可能
・契約期間の縛りがない
・工事無料サービスキャンペーンなどがある

 

 

exciteMEC光のデメリット

・開通手数料・事務手数料がかかる(が工事費の解約料はなし)
・スマホとのセット割はなし

 

exciteMEC光・公式ページはコチラ>

 

 

テレワークにおすすめのネット回線一覧・比較表

横にスライドして確認できます。サービス名をタップすれば詳細へ移動します!

  戸建て マンション 通信速度 契約期間 新規工事費
★NURO光 > 4,743円 4,743円 2Gbps 2年 40,000円(※)
★おてがる光 > 4,430円 3,430円 1Gbps なし 2,000~18,000円
★enひかり > 4,480円 3,480円 1Gbps なし 2,000~15,000円
★ぷらら光 > 4,800円 3,600円 1Gbps なし 2,000~15,000円
★exciteMEC光 > 4,500円 3,500円 1Gbps なし 無料キャンペーン
auひかり 5,400~5,600円 3,800円 1Gbps 2年 30,000円~(※)
BIGLOBE光 4,980円 3,980円 1Gbps 2年 30,000円~(※)
So-net光プラス 3,780円 2,780円 1Gbps 3年 24,000円~(※)
@nifty光 4,500~5,200円 3,400~3,980円 1Gbps 3年 20,000円~(※)

 

※NURO光、auひかり、BIGLOBE光、So-net光プラス、@nifty光では、新規工事費が高いように見えますが、契約期間の中で分割が行われます。

 また、大幅なキャッシュバックキャンペーンもありますので実質無料となる場合もあります!

 

まとめ:テレワークにオススメのネット光回線・比較!在宅勤務&スタイルに合わせた選び方

以上が、2年ほどテレワーク・在宅勤務を経験している私なりの光回線サービスの選び方でした。

・契約期間の縛りがないプロバイダがおすすめ

・通信速度を重視するなら:NURO光

・引越しの可能性があるなら:おてがる光・enひかり・ぷらら光・exciteMEC光

 

お住まいの地域によっても、契約できるサービスは異なりますが、大きくは上記のポイントを気にされるのが良いかと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

おすすめ光回線・各サービスの比較表に戻る>

-在宅勤務・テレワーク
-,

© 2020 ララカグ