開催中のAmazonタイムセールをチェック ▶▶

【壁掛けワイヤーフックおすすめ3選】使い方とピクチャレールの注意点

この記事では壁掛けワイヤーフックの活用方法3選について紹介しています。
壁面をお洒落に飾ったり、簡単で便利なちょっとした収納がほしい人におススメのグッズです。

また、壁掛けワイヤーフックの使い方や使用時の注意点についても解説しています。

家の壁に何か飾りたいんだけど良い方法ないかなぁ…

家族で撮った写真を飾りたいんだけど置くところがないんだよなぁ…

帽子やバッグを引っかけておいて出かけるときにさっと取れるような何か便利グッズってないの?

壁に何かを飾ったり、ちょっとした収納をつくるのに壁掛けワイヤーフックっていう便利なものがありますよ。

目次

壁掛けワイヤーフックの活用方法

壁掛け用のフックを取り付けてみたは良いけど、掛けたいものの位置を変えたいと思う度に何回もフックの位置を付け変えるのは手間ですし、何より両面テープやピンの跡が残ったりしてイヤですよね?

壁掛けワイヤーフックは上下に高さを自在に調整することができ、さらに壁面上部にピクチャーレールを設置すれば左右にも自由に位置調整ができるという優れものです。

調整が容易にできるという利便性から美術品の展示会などにもよく使用されています。

実際にどういったものを吊れるのか、みていきましょう。

絵や写真を飾る

写真や絵の額縁を飾ります。大きなものや重いものは壁掛けワイヤーフック2本で吊るとよいでしょう。
余ったワイヤーは丸めて額縁の裏側に隠してしまえばすっきりとした納まりになります。

ドライフラワーや観葉植物を飾る

観葉植物やドライフラワーを壁に飾ってみてもお部屋をお洒落に返信させることができます。
壁を水気でカビさせないように水やりが少量か不要のものがおススメです。部屋に緑を取り入れると癒しになりますよね。

服や帽子、バッグなどをかけて収納

玄関前の壁などにジャケットや帽子・バッグなどを掛ける場所を壁掛けワイヤーフックでつくると大変便利です。
外出したいときにさっと身に着けて出かけられるようにしておくとラクですよね。

壁掛けワイヤーフックの使い方&注意点

実際にどうやって使うのか?

この動画で額縁の吊り方を例に壁掛けワイヤーフックの使用方法が紹介されています。

使用時の注意点

とても便利な壁掛けワイヤーフックですがいくつか注意点があります。

壁の材質によって壁掛けワイヤーの取付方法が異なる

壁掛けワイヤーフックを取付けたい壁の材質がコンクリート、木、石膏ボードなのかで取付方法が変わってきます。
壁の材質に合った取付方法の材料を確認しましょう。

壁掛けワイヤーフックの耐えられる重さやワイヤーの長さを確認する

壁掛けワイヤーフックは種類によって吊って良いものの重さが決められています。
耐荷重以上の重さのものを吊らないように注意しましょう。

また、ワイヤーの長さが短いと高い位置にしか飾れなかったり、長いとワイヤーが余って不格好にみえてしまいます。
購入前にワイヤーの長さもよく確認しておきましょう。

壁掛けワイヤーフックおすすめ3選

ここでは具体的にいろんな壁掛けワイヤーフックの種類を紹介していきます。

壁掛けワイヤーフック選定のポイント

  • 壁の仕様ごとの取付方法について紹介
  • 取付方法が容易かどうか?
  • 見た目がシンプルでどのようなお部屋にも合わせやすいものか?

ピクチャーレール式ワイヤーフック

リッセイ製のピクチャーレール式壁掛けワイヤーフックです。上下左右に位置調整が容易にできます。
石膏ボード、木、コンクリート壁いずれにも取付可能です。

ピクチャーレール内にワイヤーフック取り付け部も隠れてよりスタイリッシュな見栄えになります。
安全耐荷重は40kgです。

石膏ボード壁に取り付けの場合は、注意が必要です。
商品仕様に「安全耐過重は40kg」と記載がありますが石膏ボード壁自体の耐荷重が10kg程度しかありません。
下地材や裏板補強などにピクチャーレールを固定できない場合は重いものを吊らないようにしましょう。

ねじ止式ワイヤーフック

木壁や長押に使用できる、ねじ止式のワイヤーフックです。
取り付けたい箇所に直接ねじを締めこむことで簡単に取り付けができます。安全耐荷重は10kgです。

このねじ止めワイヤーフックに使用しているねじは「木ねじ」ですので石膏ボードには使用できません。

メタルキャップ式ワイヤーフック

コンクリートや木壁に使用できるメタルキャップ式のワイヤーフックです。
コンクリート壁の場合は取付位置にドリルで穴をあけ、そこにプラグを差し込み、鋲をねじ込むことで取付できます。

木壁についてはプラグを使用せずに直接ねじ込むことができます。
鋲をねじ込む前にキリなどで軽く穴をあけておくと、ずれることなく取付できますよ。

安全耐荷重は30kgです。

まとめ:壁掛けワイヤーフックおすすめ3選。使い方とピクチャレールの注意点

壁掛けワイヤーフックは壁の装飾や収納に活用できる便利で優秀なグッズであることをおわかり頂けたでしょうか?
DIYに慣れていない人でも割と簡単に壁掛けワイヤーフックを設置できると思います。

壁の仕様、壁掛けワイヤーフックそれぞれの安全耐荷重には十分注意して取付てください。

あなたのお部屋も壁掛けワイヤーフックでお洒落で便利に変身させてみませんか?

この記事を書いた人

MAKO

インテリア・家具ブロガー

当サイトでは、暮らしを楽しくするインテリアや家具のおすすめ情報を発信しています。子育て中のママの視点も交えて、時短アイデアや便利グッズの紹介もしています。

  • インテリアコーディネーター
  • 家具・寝具アドバイザー
  • 大手インテリアメーカー勤務10年

ご質問やレビュー依頼など、
お気軽にお問い合わせからどうぞ!

目次