おすすめ家電

憧れの海外インテリアが叶うオススメ照明。3つのおしゃれテクニック

2020年3月6日

照明器具って、意外と見落としがちなインテリアのパーツだと思うんです。

賃貸で入居しても、電球とシェードくらいはもともとついてることもありますし、自分でわざわざ買い替えるほどのものじゃない気もしますよね。

ですが、照明器具を変えたり新たに追加したりするだけで、お部屋の雰囲気がぐっとオシャレに見えるんですよ!参考になりそうな海外のお部屋をいくつかご紹介しますね。

 

海外インテリア照明1:エジソンバルブはぶら下げるだけでかわいい!

 

 

電球とフィラメントの優しい明りでちょっと懐かしい雰囲気が楽しめるエジソンバルブ。

最近はフィラメント風に見えるLEDタイプのものも販売されているので、電球自体が熱くなることもなく安心して使用できます。おすすめの取り入れ方としては、ひとつだけではなく複数個を無造作にぶら下げる方法です。シーリングライトからライティングレールに取り換えれば、あとはエジソンバルブを接続するだけなので、意外と簡単にできちゃうんですよ!よりおしゃれに見せるポイントは、コードの長さをバラバラにしたり、エジソンバルブ自体も種類を複数まぜてみたり、あえて全部を揃えないことです。肩ひじ張らないリラックスした雰囲気のインテリアに馴染みそうですね。

 


【スパイラル】エジソンバルブ LED 電球 E26【調光器対応】(4W/100V/口金E26) エジソン電球 裸電球 エジソン球 ボール球 おしゃれ 暖色

こちらのアイテムはフィラメントの形状がスパイラルになっているタイプや、ガラス自体が淡いゴールドカラーのもの、電球の形も種類がいろいろあるので、この中だけでも「あえて揃えない」組み合わせができちゃうのが便利そうです。

 

海外インテリア照明2:ちょっと暗いくらいが落ち着く!フロアランプ

私は一時期フランスに住んでいたことがあるのですが、フランスの友人宅に遊びにいくと、その薄暗さに最初は戸惑いました。

 

天井からの明りは控えめで、明るさが必要な場所にはフロアランプやスタンドライトを置いていることが多いのです。その理由はどうやらLED電球が高いこと、そして電気代が高いことのようですが…(笑)

慣れないうちは「見えにくくていやだなぁ」と思っていましたが、だんだんとその薄暗い空間の方が落ち着くようになりました。読書をするとき、食事を作ったり食べたりするとき、その都度そこに明りがあれば十分なんですよね、意外と。なんでもはっきり見えちゃう、日本の電気は明るすぎるのかもしれません。ソファの横にフロアランプを置くと、薄暗さのせいか人と人の距離が近づく感じがして、気持ちもゆったりします。気の置けない仲間をおうちに呼んで、のんびりお酒を飲みたくなりそうです。

 

スタンド部分が無垢材のものを選ぶことで、よりお部屋の印象を柔らかく変えてくれます。フロアランプはそこにあるだけで存在感の出るインテリアなので、シェードやシルエットは無地などなるべくシンプルなものをセレクトすると、コーディネートしやすいですよ。

 

 

海外インテリア照明3:ウォールランプで高級感のあるお部屋に

賃貸にお住まいの方には難しいインテリアになってしまうのですが、これからお家を作るみなさんにはぜひおすすめしたいのがウォールランプです。壁付けの照明は後から追加することはなかなかできないので、家づくりの段階で組み込んでおくことが必要になります。そのせいかあまり取り入れているご家庭って見かけないんですよね。後から変更できない分インテリアの制約は出てきてしまうのですが、それを含めてもウォールランプはあるだけで空間を一気にリッチなムードに変えてくれます。ホテル風インテリアなどラグジュアリーな雰囲気がお好きな方などには特におすすめです。

 

アンティーク調のガラスシェードと真鍮のブラケットがエレガントな雰囲気を演出してくれるこちらのウォールランプ。配線工事が必要なアイテムですが、壁付けランプは空間のアクセントになるので「なんだか物足りないな~」と感じるお部屋に取り付けてみてはいかがでしょうか?

 

取り付け工事費は依頼する業者さんにもよりますし、壁をはがす・はがさない、近くにコンセントがある・ないなど、環境の条件でもかなり差があるそうなので、一度工務店さんなどに相談してみるのが安心です。

 

ちょっとした電気工事も、口コミや料金で、近くのプロを探せる「くらしのマーケット」が便利です!

暮らしのサービスくらべておトク!【くらしのマーケット】

 

 

まとめ 照明を取り入れてワンランク上のインテリアにしよう

ひとくちに「照明」と言っても本当にたくさんの種類のライト、ランプがあります。

 

今回ご紹介したのはごくごく一部ですが、バリエーションが本当に豊富ですよね。同じランプでも電球の色を変えたり、シェードを変えるだけでもがらりと印象がかわることもあります。また、新たにライトを設置するだけでもお部屋が新鮮になって、更に居心地がよくなるかもしれませんよ。

 

ぜひお気に入りの照明をみつけて、インテリアを楽しんでくださいね。

 

 

-おすすめ家電
-, ,

© 2020 ララカグ