【子供の窓からの転落防止対策!】窓タイプ別&おしゃれに使える突っ張り棒・便利グッズ

この記事では、窓やベランダからの転落事故から大切なお子さんを守る「転落防止対策」 について紹介します。子育て中の、お父さん・お母さんが簡単にできて安心して過ごせる方法です。

  • 転落事故が1番多い子供の年齢は?その落下原因とは?
  • 【窓タイプ別にご紹介】今すぐできる転落防止対策は?
  • 賃貸で工事ができない方も大丈夫!ネットで買える転落防止グッズは?

子供って窓から外を見るの大好きですよね!

我が家の子供達も、よく飽きずに外の景色を眺めています。

兄弟でこそこそしたり、キャッキャ言ったり楽しそうだね。

でも!窓からの転落はいつでも心配なのよ。
転落事故のニュースを見るとウチは大丈夫かなぁって・・・

主人は、子供の頃、2階の窓から屋根伝いに落ちた事があるそうです。奇跡的に擦り傷程度で済みましたが、恐ろしいですよね。

今回は、我が家での窓からの転落防止策を紹介します。

目次

窓やベランダから落下!?思わぬ子供の転落事故に注意!

子供は、成長とともに色々なことに興味をもって活発に動きますよね。

目を離したほんの隙に、子供が居ない!なんて事もあると思いますが、特に気を付けたいのが転落事故。

  • 窓を開けたり、ベランダに出る機会が増える春~夏ごろに転落事故が増加
  • 子供の中でも、3才~4才転落事故が1番多い
  • 2階からの転落でも入院が必要な中等症と診断される事が多い
  • 窓が開いた部屋で、子供だけで遊んでいて発生

窓からの転落事故の原因1位は、窓枠に座る・網戸によりかかる。次いで家具や荷物(段ボールなど)に登って転落が主な原因となっています。

コロナ禍で、おうち時間が増えたり、換気をする機会も増えているからこそ、対策は万全にしておきたいですね。

スポンサーリンク

【窓タイプ別】工事不要!今すぐできる子供の転落防止対策

子供の転落防止として、しっかりとした手すりを、工事やDIYで取り付ける事はとても効果的です。

しかし、すべての窓に取り付けるには、時間も費用も掛かってしまいます・・・。

賃貸で工事ができない方や、簡単ですぐ出来る方法が良いという方に、窓のタイプ別に対策法を紹介します。

寝室・腰窓の対策①|突っ張り棚・突っ張り棒の設置

我が家の寝室の窓は、いわゆる『腰高窓』で胸や腰の高さまでの窓です。 窓がある壁にベッドをくっつけていて、次男は壁側に寝ています。

つかまり立ちが出来るようになった頃から、朝起きたらすぐ窓につかまって外を眺めるのが日課になりました。

朝は本当気持ちよくて、寝起きも良いし、ご機嫌で嬉しいよね。

でも窓枠に沿って、つたい歩きし始めたらベッドから落ちそう!
さらに言うと、窓の鍵が開いていたら落ちそうで怖い!

ということで、我が家の窓は、手前の窓が開かないように突っ張り棚を設置しています。

奥の窓は開きますが、網戸にして、網戸ロックも付けています。

突っ張り棚や突っ張り棒は、ネットやホームセンターで買えて、すぐ出来るおすすめの方法です。

突っ張り棚タイプなら

突っ張り棒タイプなら

寝室・腰窓の対策②|転落事故防止柵「窓から落ちないゾー」の設置


【おとさんゾウ】ベビーガード 転落事故防止 フェンス 突っ張り式

長男が、下の子を抱っこして、外の景色を見せてあげたり、じゃれあっている内に2人とも落ちたら大変!と思ったのがきっかけで、設置したのが転落防止柵です。

兄弟が仲良しなのは良いけど、2人になるとパワーアップって感じだね。

長男は身長も伸びてきたし、窓ガラスに頭をゴッチンとぶつけたのを見て柵にしたよ!

突っ張り棚よりも、窓全体をガードしたい場合は、市販の『転落防止柵』というのも売っています。

窓の半分以上ガードができて大人でも安心感のある大きさです。

転落防止柵タイプなら

窓からの転落防止柵 おとさんゾウ|はさマンモス

『窓からおちないゾー』は、同じ突っ張り式でも、柵の部分がメッシュ素材で出来ています。

肌触りの優しいメッシュですが、丈夫な素材で出来ています。よじ登りにくく、見た目も柔らかい印象です。

これなら頭をぶつけても、怪我をする心配がありません。

メッシュタイプでおしゃれにガード!

兄弟でふざけている時は特に何をするか予想がつきませんし、対策をしているから万全という訳ではありません。

窓辺で遊んでいるなぁと気づいたら、見に行って、しばらく遊んだら目の届くリビングに戻るよう言っています

ベランダ・掃き出し窓の対策①|網戸ロック

リビングの窓は『掃き出し窓』で、床面まで開口があり、窓の外はベランダです。

子供達は、こちらの窓近くでもしょっちゅう遊んでいます。かくれんぼの時にカーテンに隠れたり。


網戸ロック ワンタッチしまり 小

対策として、『網戸ロック』を付けています。サッシに貼りつけるだけでOK!

ロックも解錠もワンタッチで出来て、洗濯を干すときなど日常の開け閉めも支障をきたしません。

警察防犯協会推薦ということもあり防犯にもなるので一石二鳥です♪

網戸を開けさせない!

網戸ロック ワンタッチしまり 小

ベランダ・掃き出し窓の対策②|窓ストッパー

網戸ロックに似ていますが、『窓ストッパー』は、窓ガラスにストッパーを貼りつけて使います。

サッシに取り付けるロックは、背の高い窓になると大人も手が届かなくなってしまいます。窓ストッパーなら、窓ガラスの好きな位置に貼りつけ可能なので、背の高い窓も対策ができます。

最近の窓のサッシは、幅が狭くなっているものもあります。網戸ロックが取り付けられない方は、窓ストッパーが重宝しそうですね。

ロックがつけられない場合は!

洗濯物を干す時に注意!思わぬハプニングも…

それから、この窓からベランダに洗濯物を干す時が危険なんですよ。

ちょっと開けていようものなら、すかさず次男がやってきてベランダに出ようとします。

床とベランダに10センチほどの高低差があるので、落ちたら危険です。

実は、困るのは、それだけではありません!

私、ベランダに締め出されたことがあるんです!恐怖でした。 テレビに夢中だから、ベランダの方には来ないだろうと甘く見て、ベランダに洗濯物を干しに出たら、次男がドアを閉めて鍵をガチャリ。きゃーっ!
想像するだけで、大変そうだ…

幸い、すぐそばに長男がいて鍵を開けてくれましたが、次男だけだったらと思うと恐ろしいです。

それからは、洗濯物を干す時は短い時間でも必ず、次男はベビーサークルに入れています

ベビーゲートを探すなら!

【1歳半頃~】子供が踏み台を使える頃の注意点

歩き方がしっかりしてくる1歳半頃からは、手洗いの時など、踏み台を使うようになりますよね。

窓際に踏み台は、絶対に置かないようにしています。

大雨や雪の日など、外の様子を見たくて、長男が踏み台を窓際に持ってくることがあります。でも気が済んだら、必ず洗面所の定位置に戻すよう言っています。 もちろん、窓のある壁にはソファなども置かない方が良いですね。

オシャレな踏み台を探すなら!

まとめ:【子供の窓からの転落防止対策!】おしゃれに使える突っ張り棒・便利グッズ

  1. 腰高窓には『転落防止柵』と『網戸ロック』を設置すると安全対策になる
  2. 大人がベランダに出る時は、子供はベビーサークルに入れるなどの対策が必要
  3. 窓の側には踏み台などは置かない
  4. 対策をしていても、窓際で遊んでいる時は大人が側につく

以上が、私が窓からの転落防止として行っている対策です。

転落防止柵や網戸ロックは、設置するとある程度は安心ですが、やっぱり子供の行動は予測不能です。見ていないと何をするか分かりません! 対策をしていても、お子さんが窓際にいる時は、必ず側に行ってあげましょう。

子供の安全対策|ソファやベッドからの転落防止・家具の選び方

子供は本当に好奇心旺盛で、色んな事に興味を持ちます。だからこそ、家にある大型の家具は、時に危険なきっかけになる場合も…。

リビングであれば、子供が小さい頃は座面の低い「ローソファ」を選ぶのがオススメですし、ベッドであれば子供と一緒に寝る「ローベッド」をおすすめします。

状況別で、ソファやベッドの転落防止対策の記事も書いています!よろしければ一緒にどうぞ!

ドアの指はさみ対策も一緒に!

この記事を書いた人
インテリアコーディネーターMAKO

MAKO

インテリア・家具ブロガー

当サイトでは、暮らしを楽しくするインテリアや家具のおすすめ情報を発信しています。子育て中のママの視点も交えて、時短アイデアや便利グッズの紹介もしています。

  • インテリアコーディネーター
  • 家具・寝具アドバイザー
  • 大手インテリアメーカー勤務10年

ご質問やレビュー依頼など、
お気軽にお問い合わせからどうぞ!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる