【安くておしゃれなローソファ5選】一人暮らしが快適に!予算1万円~

この記事では、一人暮らしが快適になる、安くておしゃれなローソファを紹介します。
・一人暮らしが快適になるソファの選び方とは?
・狭いワンルームでも置けるローソファは?
・安くておしゃれなローソファは?

こんどお部屋にソファを置きたいと思っているけど、一人暮らしの部屋にはどんなソファがいいのかわからなくて、困っているんだよね。

一人暮らしのお部屋なら、だんぜんローソファがおすすめ!

どうしてローソファがおすすめなの?

ローソファは座面が低いのが特徴で、お部屋に圧迫感を与えないことから、一人暮らしの狭いお部屋にも置きやすいの。


そこで、今回は一人暮らしにおすすめ、安くておしゃれなローソファの選び方を紹介します。

目次

一人暮らし向け ローソファの選び方

一人暮らしの方に合ったローソファは、どのような選び方をしたら良いのでしょうか?
3つのポイントをみていきましょう。

①ローソファのサイズ

ローソファのサイズは1人掛けや3人掛けなど色々ありますが、置けるサイズはお部屋の間取りや置く場所によって変わりますよね。

一人暮らしの狭いお部屋だと、ソファを置く場所の確保は難しい場合もあります。

ワンルームで6畳くらいのお部屋なら、1人掛けのコンパクトなサイズを選ぶと良いでしょう。

サイズの目安(座面幅)

  • 1人掛け  70cmくらい
  • 2人掛け 120cmくらい
  • 3人掛け 160cmくらい

「思ったよりも大きかった・・・」なんて最悪の事態を招かないために、実際に置く場所を測ってみるといいですね。

そうだね!選んだローソファのサイズが、お部屋に入るかどうか事前に確認しないとね。

②ローソファの座面の高さ

ローソファの座面の高さは10cmから30cmと低くなっていますが、テーブルやこたつと使う場合はローソファの座面の高さに注意が必要です。

ローソファと合わせてローテーブルやこたつを使うという場合は、テーブルやこたつの高さに合ったものを選びましょう

どのくらいがちょうどいいのかな?

体格にもよりますが、大体ローソファの座面からテーブルの高さが
15cm~20cmくらいあると良いです。

③ローソファの素材

ファブリック素材

肌触りが良く通気性が良いのが利点のファブリック素材は、1年を通して気持ちよく使えます
特に夏の気温が高い時期は、蒸れがきにならず快適に過ごせます。

合成皮革

水分や汚れに強い合成皮革は、お手入れがしやすいところが利点です。
見た目も豪華な雰囲気があり、高級感を感じさせます
デメリットとしては、合成皮革は通気性が悪いので、蒸れが気になる場合があります。

素材が変わると雰囲気も変わるね。

好みやお部屋の雰囲気に合わせて選んでくださいね。

一人暮らし向けおすすめローソファ5選 1万円以内から!

スポンサーリンク

一人暮らし向けローソファ1人掛けタイプ

座面ゆったりローソファ|COZY 1万円以内 ★★★★★

このローソファはコンパクトなので、狭いお部屋にも置きやすいです。
コンパクトですが、座面は1人掛けの中ではゆったりとしたサイズになっています。
張地は1年中快適に使える、ファブリック素材を使用しています。
背もたれはリクライニングできるので、座って作業をする時、のんびりリラックスする時と角度を使い分けることができます。

シンプルなデザインは、お部屋の雰囲気に合わせやすいね。

このくらいコンパクトなら、一人暮らしの狭いお部屋でもソファを置けますね♪

幅86cm

座面高さ30cm

ハイバックタイプローソファ|COMFY 1万円台 ★★★★★

このローソファの背もたれは、頭までしかりと支えるハイバックタイプです。
ハイバックタイプは首や背中の疲れを軽減してくれます。
背もたれに体を預けてリラックスタイムを楽しめるローソファです。
張地に合成皮革を使用しているので、高級感があります。お部屋の雰囲気が大人っぽくなりますね。

このローソファは、背もたれが大きくて贅沢な気分を味わえるね!

ハイバックタイプでも、肘掛がないのでスッキリとしたデザインになっています。

また、このローソファの座面には、ベッドマットレスによく使われるポケットコイルを使用しているので、座り心地も抜群!

幅65cm

座面高さ30.5cm

一人暮らし向けローソファ2人掛けタイプ

多機能ローソファ|コルテ 1万円台★★★★★

このローソファは、余分なデザインのないスタイリッシュさに惹かれます。

座面は底つき感のない極厚クッションを使用していて、硬めの座り心地になっています。
そして、シンプルでおしゃれな見た目からは想像できないくらい多機能です。


リクライニングでスタイルが自在に変えられ、使い道が広いところが特徴です。
コンパクトなローソファから、リクライニングでフラットにすると簡易ベッドへ変えることができます。

1台で使い方色々なローソファです。

このローソファは、友達とおしゃべりするにはぴったりだね!

幅124cm~161cm

座面高さ32cm

コンパクトローソファ|スイカミニ 1万円台★★★★☆

このローソファは、コロンとした形と小さめサイズが可愛らしいです。

デザインがかわいいだけではなく、座面はポケットコイルを使用し、快適な座り心地を兼ね揃えているところが特徴です。
肘掛がリクライニングできるので、見た目よりも広く使えるようになっています。
圧迫感がなくコンパクトなデザインのローソファは、一人暮らしのお部屋のアクセントにぴったりです。

狭い一人暮らしのお部屋のために作られたうな、
コンパクトで座り心地の良さが抜群なおすすめローソファです。

丸いフォルムが目を引くね!ポップでかわいい雰囲気のお部屋になるね♪

幅110cm

座面高さ34cm

一人暮らし向け床置きローソファ

床置きローソファ|PORINA.2  1万円台 ★★★★☆

床に近い場所って落ち着きますね。冬はこたつ派という方にもおすすめです。

このローソファは、5ケ所リクライニングできるので、自由自在に形状を変えられるのが魅力です。

リクライニングして映画を見る、ゴロンとしながらゲームをする。

その時一番気持ち良い角度に合わせれば、より快適なひとときになります。

コンパクトに畳んで収納できるので、お部屋を広く使いたいときは畳んでおくこともできる、軽量で便利なローソファです。
肉厚のウレタンフォームで底付き感がなく、優しい座り心地です。

形が自由に作れるんだね。これなら狭いお部屋に無理なく置けるね♪

コンパクトで機能的!リクライニングが快適な角度を作り、体を支えてくれます。

幅150cm(ひじ掛けフラット時)

座面高さ16cm

まとめ|一人暮らしのお部屋に置くならローソファがおすすめ

一人暮らしのお部屋に置ける、安くておしゃれなローソファはいかかでしたか?
1万円台でも座り心地のよいコスパ抜群なローソファがいろいろあります。
どれがいいか、迷ってしまう方には、狭いお部屋にも置きやすいコンパクトさ手に入れやすい価格座面がゆったりサイズがポイントなこちらのローソファがおすすめです。

では、一人暮らしのお部屋に置くローソファの選び方を確認しましょう。

一人暮らし向けのローソファの選び方のポイントは3つだね。

一人暮らし向けのローソファの選び方

  1. ローソファのサイズは、お部屋の置く場所に合わせて決める。
  2. ローソファの高さは、使うテーブルやこたつの高さに合わせる。
  3. ローソファの素材は、通気性が良いファブリックか高級感のある合成皮革で選ぶ。

一人暮らしのお部屋は、お気に入りのローソファで快適にしましょう!

この記事を書いた人
インテリアコーディネーターMAKO

MAKO

インテリア・家具ブロガー

当サイトでは、暮らしを楽しくするインテリアや家具のおすすめ情報を発信しています。子育て中のママの視点も交えて、時短アイデアや便利グッズの紹介もしています。

  • インテリアコーディネーター
  • 家具・寝具アドバイザー
  • 大手インテリアメーカー勤務10年

ご質問やレビュー依頼など、
お気軽にお問い合わせからどうぞ!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる