開催中のAmazonタイムセールをチェック ▶▶

【寝れる!】一人用ソファ5選。リクライニングでのんびりリラックス

この記事では、部屋でリラックスできるアイテム寝れる一人用ソファのおすすめをご紹介しています。コンパクトなソファは一人暮らしにもぴったりですね。

  • 寝れる一人用ソファにはどんな種類がある?
  • 寝れる一人用ソファ選びのポイントは?
  • おすすめの寝れる一人用ソファをご紹介!

部屋でのんびりリラックスするために欠かせないアイテムと言えば、ソファですよね。
テレビを観たり、読書をするのに便利な自分専用のソファが欲しいと思ったことはありませんか。

  • 自分の部屋にソファを置きたい
  • 一人暮らしの部屋にも置けるコンパクトなソファが欲しい
  • できれば足も伸ばせて寝れるもの

そんな方におすすめなのが、一人用ソファ。
一人掛けソファ、シングルソファなどとも呼ばれ、場所をとらず価格も手頃なものもあるので、自分の部屋に置いたり、一人暮らしにもぴったり。

リビングのソファはいつも家族に占領されていたり、足が伸ばせなかったりするもんね。

足も伸ばせると、眠くなってもそのまま寝れるからいいよね!

リビングにサブソファとして置いたり、並べて使っても良さそう!

そこで、今回はたくさんある一人用ソファの中から「寝れる」をキーワードにご紹介します。

理想のソファ選びの参考にしてくださいね!

目次

寝れる一人用ソファにはどんな種類がある?

ソファと言っても、種類がたくさんあります。メーカーによっても分類が違いますが、一人用ソファにはどんなものがあるかをご紹介しますね。

・リクライニングタイプ

背もたれやひじ掛けの角度が変えられるタイプ。電動で動くものもあります。
足置きがついているものだと、足も伸ばせて楽な姿勢になれますね。

歯医者さんの椅子みたいなイメージかな。

・ソファベッドタイプ

ソファとしてもベッドとしても使えるタイプ。その分、座面や背もたれの幅が大きいのでスペースが必要ですが、ベッドと兼用することを考えれば、むしろ省スペースに。

・ローソファ・座椅子タイプ

足が無い床置きタイプのソファ。低いテーブルに合わせたい時や、部屋に圧迫感を与えたくない人は、ロータイプを選ぶといいですね。

寝れる一人用ソファ選びのポイント

・サイズ|スペース・高さ

まずは、ソファを置きたい場所を考えましょう。
家具のレイアウト、テレビの位置、歩くスペースなどの動線も考慮しながら、置きたい場所を決め、スペースのサイズを測ります。

部屋に置いてみると意外と大きいソファ
一人用ソファの平均的なサイズは、幅60~100㎝くらい。
また、人が通るスペースは、大体60㎝程度必要と言われています。
テレビからも130㎝ほど離した方が首が痛くならずに済みますよ。

リクライニング、背もたれを倒した時のスペースも忘れずに。
そんなスペースが無いよという方も安心できる、足の方も伸びて、背中側のスペースがあまり要らない前方スライドタイプもあります。

搬入サイズも確認を
実際のサイズだけでなく梱包サイズも要チェック。
ドアだけでなく、マンションなどではエレベーターや廊下の幅も測っておくといいですね。
商品ページに記載されていることも多いので確認しましょう。

せっかく購入しても搬入できない!となったら悲しいよね…

・座り心地|素材・構造

毎日使うソファは、座り心地も大切。
クッションの固さは、素材や構造で変わってきます。自分の好みに合った素材のものを選ぶと失敗が少ないです。

クッション
かため:ウレタン
やわらかめ:フェザー・シリコンフィル

構造
かため:ウレタン・コイルスプリング
やわらかめ:ウェービングテープ・S字ばね

・お手入れ

汚れが気になるソファの張地、お手入れがしやすいかどうかも選ぶポイントになりますね。

張地の種類

レザー(本革)

丈夫で使えば使うほど柔らかくなる。耐久性高い。

フェイクレザー(合皮)

PVC(塩化ビニール樹脂製)やPU(ポリウレタン樹脂)製の人工皮革で、本革より安価。PU製は柔らかく本革に近い質感です。水拭きできるのでメンテナンスが楽。耐久性は高くない。

ファブリック(布)

カラーや素材のバリエーションが豊富。汚れは染み込みやすいが、取り外してクリーニングできるものも。ホコリはたまりやすい。

汚れる前にカバーを使うのもおすすめだよ!

寝れる一人用ソファおすすめ5選

ここからは、おすすめの寝れる一人用ソファをタイプ別にご紹介していきます。あなたのソファ選びの参考にしてくださいね。

リクライニングタイプ|ゆったり優雅にリラックス

リクライニング一人用ソファ オットマン一体型|LOWYA(ロウヤ)

座り心地も抜群の背もたれクッションの厚みはなんと30㎝。リクライニング角度も150度、オットマン一体型でゆっくりリラックスできます。
さらに、前方スライドリクライニング式で、背もたれを倒しても前にスライドするので、背中側のスペースは9㎝あればOKというのも嬉しいポイント!

サイズ幅88×奥行99~170×高さ83~105cm
梱包サイズ86×77×77cm
素材PUソフトレザー(張地)/シリコンフィル(クッション材)

座ったら速攻寝ちゃいそう~

リクライニングパーソナルチェア オットマン付き|lushroom-ラッシュルーム-

高級感のあるタイプがお好みならこちらがおすすめ。オットマン付きタイプです。無段階のリクライニングで、お好みのベストポジションに。椅子自体も回転します。ミニテーブル付きなのも良いですね。

サイズ幅90.5×奥行83~128×高さ100~76cm 座面40.5cm
梱包サイズ記載なし 搬入に必要なドア幅60㎝
素材ファブリック(張地)/シリコンフィル(クッション材)

ソファベッドタイプ|ベッドにもなるゆったりサイズ

3WAY 折りたたみ ソファーベッド カウチソファ|快適インテリア

部屋を広く使いたい方におすすめなコンパクトソファ。ソファで座る、カウチで足を伸ばす、ベッドで寝っ転がると3通りのリラックススタイルでくつろげるソファベッドタイプ。幅も90㎝とゆったりしています。リクライニングも14段階あり、様々なシーンで大活躍!

友人が泊まりに来たときも便利だね!

サイズ幅90×奥行66~120×高さ55㎝
梱包サイズ記載なし
素材ポリエステル(張地)/ウレタンフォーム(クッション材)

L字型カウチソファ コンパクトソファーベッド レイアウト自在|LOWYA(ロウヤ)

ソファとオットマンの組み合わせで、好きなようにレイアウトできるタイプです。座面も広めで、コンパクトながらもゆったりくつろげます。一人のとき、お友だちが来た時、用途に合わせて変えられるのが良いですね!

ルンバも入る高さだよ!

サイズ幅183x奥行90x高さ79cm
梱包サイズ幅121x高さ87x奥行43cm
素材ピュアウレタン(張地)/シリコンフィル(クッション材)

ローソファ・座椅子タイプ|部屋を広く見せたい

42段ギア搭載 一人用ソファー ビッグサイズ|LOWYA(ロウヤ)

背もたれ部分は、なんと42段階調整ギア(日本製)を搭載しています。全長も163㎝あるので、長身の方や男性にもおススメ。低反発ウレタンで腰や背中に心地よくフィット。長時間でもゆっくりリラックスできますよ。張地は、マイクロファイバー素材でやわらかく、撥水加工なのも嬉しいですね。

サイズ幅58x奥行109~166x高さ16~72cm
梱包サイズ57x52x49cm
素材ポリエステル(張地)/低反発ウレタンフォーム

洗い替えカバー付 リクライニング座椅子 長く使えるWクッション|タンスのゲン

背中・ヘッド・フットそれぞれが14段階リクライニングで、その時の一番くつろげる姿勢に合わせて角度を調整することができます。洗い替えカバー付きで、へたってきたらクッションも交換可能です。日本製ギアで安心感もあります。

サイズ幅65×奥行70~140×厚み18~70cm
梱包サイズ29×60×60cm
素材ポリエステル(張地)/シリコンフィル・ウレタン(クッション材)

一度座ると立ちたくなるなるよね笑

まとめ:【寝れる!】一人用ソファ5選。リクライニングでのんびりリラックス

いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介した選び方

  • サイズ(スペースや搬入サイズ)
  • 座り心地
  • お手入れのしやすさ

を参考に、自分の使い方に合った理想のソファを見つけて、至福の時間を過ごしてくださいね!

この記事を書いた人

MAKO

インテリア・家具ブロガー

当サイトでは、暮らしを楽しくするインテリアや家具のおすすめ情報を発信しています。子育て中のママの視点も交えて、時短アイデアや便利グッズの紹介もしています。

  • インテリアコーディネーター
  • 家具・寝具アドバイザー
  • 大手インテリアメーカー勤務10年

ご質問やレビュー依頼など、
お気軽にお問い合わせからどうぞ!

目次