ベッド・マットレス

【夫婦用ベッドサイズの選び方】気をつけるべき注意点。二人暮らし・同棲カップル必見!

夫婦で使うベッドを選ぶ場合、サイズはどのようにして決めたらいいのでしょうか。

「2人で使うならダブルベッドで十分」とか、
「ゆったり寝たいからクイーンサイズ」という方もいるかもしれません。

 

ですが、一度買ったらなかなか買い換えるのも大変なベッド。
寝室の広さや寝室に置く家具などを考えて、慎重に選ぶ必要があります。

 

また夫婦の生活スタイルも踏まえて選ぶことも必要かもしれません。

今回は、ベッドを選ぶ際の注意点と一般的なベッドのサイズを踏まえながら、夫婦で使うのに適したベッドの選び方をご紹介します。

 

ポイントは3点!「夫婦のベッドサイズの選び方」

ベッドのサイズを選ぶ際は、この3点を考える必要があります。

①必要なベッドの広さ
②寝室の広さと寝室に置く家具
③夫婦の生活スタイル

ひとつずつ見ていきます。

 

①必要なベッドの広さ

 

一般的なベッドのサイズ

シングル幅97cm × 長さ195cm
セミダブル幅120cm × 長さ195cm
ダブル幅140cm × 長さ195cm
クイーン幅160cm × 長さ195cm
キング幅180cm × 長さ195cm

 

「ひとりで使うならシングルベッドだから、2人で使うならダブルベッド」と思いがちですが、単純にそうとも言えません。

寝返りなども考慮すると、人が安眠できるスペースは肩幅+30cmと言われています。
ダブルベッドに2人で寝る場合、このスペースを確保できない可能性が高いです。

「くっついて寝たい」「相手のぬくもりを感じたい」という夫婦にはダブルベッドがぴったり。
ですが、体格がいい人の場合などはもしかしたらダブルベッドでは狭いと感じるかもしれません。

 

 

②寝室の広さと寝室に置く家具

必要なベッドの広さを考えたときに「ゆったり寝たいからキングサイズがいい!」と思ったとしても、寝室の大きさによってはベッドを置いただけでぎゅうぎゅうになってしまう…ということもあります。

 

もし寝室に洋服ダンスやドレッサー、また書斎としてデスクを置きたいと考えている場合、そのスペースも考慮して選ばないと部屋に収まりきれず、「こんなはずじゃなかった…」ということになりかねません。

 

インテリアコーディネートをする場合、人が通るところには60cmは隙間を空けるように設定します。これより狭い50cmでも通行できるかもしれませんが、あまりにも狭いと人が通れなくなってしまったり、窮屈感を感じてしまいます。

 

 

③夫婦の生活スタイル

同じベッドで寝ていると、良くも悪くも相手の気配を感じます。

お互い仕事をしているなどで生活スタイルや寝起きする時間が違う場合は、相手の起きる気配やベッドの軋みでなかなか安眠できない…ということもあるかも。
そんなときにはダブルベッドよりも少し広めのサイズが良かったり、ツインベッドにしたほうがいい場合もあります。

 

 

一般的なベッドのサイズ別のメリット・デメリット

・ダブルベッド

 

ダブルベッドの一般的なサイズ:横幅140cm×長さ195cm

 

メリット

ダブルベッドのメリットは、2人で使う場合に一番ベッドスペースを取らずにベッドを置けることです。

寝室があまり広くない場合や寝室に他の家具を置きたい場合など、あまりベッドスペースを広く取れないときはダブルベッドを選ぶといいかもしれません。
また、くっついて寝たい!という夫婦にはぴったりですね。

 

デメリット

一方、デメリットは2人で使うと狭く感じる場合があること。また、生活スタイルが違う場合には、お互いの気配が気になって安眠できない可能性もあります。

 

 

・クイーンベッド・キングベッド

   

クイーンベッドの一般的なサイズ:横幅160cm×長さ195cm
キングベッドの一般的なサイズ:横幅180cm×長さ195cm

 

メリット

クイーンベッド・キングベッドのメリットは、お互いがゆったりと寝るのに十分な広さがあることです。
生活スタイルが違っても、広さのあるベッドならそこまで気にならないかもしれません。

 

また将来子供ができた場合も、子供が小さいうちなら一緒に寝ることも可能です。キングサイズなら、子供2人までなら一緒に寝るスペースがあるでしょう。

 

デメリット

デメリットは、ベッドを置くスペースを取ること。
特にキングベッドを置く場合、かなりのスペースが必要になります。また、マットレスも大きい分手入れが大変になりますし、対応したシーツが少なく好きな柄を選べないという可能性もあります。

 

 

・ツインベッド(シングルベッド2台)

シングルベッドの一般的なサイズ:横幅97cm×長さ195cm
並べて置いた場合:横幅194cm×長さ195cm

 

メリット

ツインベッドのメリットは、ベッドが別々のため相手に振動が伝わりづらいこと。
生活リズムが違う場合もお互いの安眠を妨げずにすむのでおすすめです。
また、マットレスや枕のかたさ、掛け布団の好みが夫婦で違う場合、それぞれ好きなものを選べるのもメリットですね。

 

デメリット

デメリットは、横幅がキングベッドよりも大きくなってしまうこと。
事前に部屋のサイズを測り、置くスペースがあるかをしっかり確認する必要があります。

 

 

まとめ:【夫婦用ベッドサイズの選び方】二人暮らし・同棲カップル必見!

夫婦で使うベッドを選ぶ際は、この3点に気をつけて選びましょう。

①必要なベッドの広さ
②寝室の広さと寝室に置く家具
③夫婦の生活スタイル

使い方によって、適したベッドサイズは違います。
ぜひこのポイントを踏まえながら、夫婦にぴったりのベッドを選んでくださいね。

 

 

子育てを意識した大きめサイズのベッドをお探しなら>>

関連記事:>>子供と一緒に寝るローベッド|おすすめ10選(連結・ファミリー向け)

オシャレなベッド・マットレスが見つかる!おすすめショップ

おすすめショップneruco(ネルコ)

 

すのこ・システムベッドの種類が豊富!

株式会社インテリアオフィスワンが運営を行っているベッドの通販専門サイトです。

収納ベッド、すのこベッドなど代表的なカテゴリーだけでなく、お子様向けの二段ベッドやロフトベッド、電動ベッドなども揃うベッドの取扱数が豊富で人気のショップです。

マットレスブランドも幅広く取り扱っており、有名なフランスベッド やサータなどの安心できるブランドを選びたい方にもオススメです。

ネルコは、オシャレなオリジナルベッドも人気なんだよね。

すのこや木目感の素材にこだわったベッドも多いので素敵な部屋を作れそうね。

おすすめショップベストバリュースタイル

 

リーズナブル×収納&大型ベッドを探すなら

株式会社スクロール(もしも)が運営するベッド専門ショップ。収納ベッドや連結できるローベッドが人気で、リーズナブルな価格帯なのも魅力。

ベッドは、ベッドフレームとマットレスをセットで購入する事ができるので、一人暮らしや引越しを控えている方にもオススメ。

マットレスとベッド一緒に買うと意外と高いんだよね。

セットの価格も良心的だから、他の家具や新生活にも予算が回せていいわよ。

 

おすすめショップLOWYA

 

オシャレ×リーズナブルなベッドを探すなら

株式会社ベガコーポレーションが運営を行っている総合インテリア通販ショップ。

一人暮らしで使えるオシャレなベッドをはじめ、二人暮らし・幼い子供がいらっしゃる家庭でも使いやすいロータイプやシステムベッドなど種類も豊富。高級感のある木目の素材感や、コンセント付きの機能的なベッドなども購入しやすい価格帯なのが魅力。ソファ・ダイニング・オフィスチェア・収納家具など幅広い品揃えもあるので、統一感のあるオシャレなお部屋を作れます。

オシャレなベッドだと、お部屋の雰囲気が素敵になりそうね。

LOWYAでは割引セールもよくあるので、要チェックだね!

この記事も読まれています

-ベッド・マットレス
-,

© 2021 ララカグ