【初めての!夫婦用ベッド】おすすめサイズ&布団の選び方は?(同棲・カップル)

夫婦で使うベッドを選ぶ場合、サイズはどのようにして決めたらいいのでしょうか。

「2人で使うならダブルベッドで十分」とか、
「ゆったり寝たいからクイーンサイズ」という方もいるかもしれません。

ですが、一度買ったらなかなか買い換えるのも大変なベッド。
寝室の広さや寝室に置く家具などを考えて、慎重に選ぶ必要があります。

また夫婦の生活スタイルも踏まえて選ぶことも必要かもしれません。

今回は、ベッドを選ぶ際の注意点と一般的なベッドのサイズを踏まえながら、夫婦で使うのに適したベッドの選び方をご紹介します。

目次

「夫婦で使うベッド」サイズの選び方

ベッドのサイズを選ぶ際は、この3点を考える必要があります。

①必要なベッドの広さ
②寝室の広さと寝室に置く家具
③夫婦の生活スタイル

ひとつずつ見ていきます。

夫婦用ベッドのサイズ①:必要な広さは?

[

一般的なベッドのサイズ

シングル幅97cm × 長さ195cm
セミダブル幅120cm × 長さ195cm
ダブル幅140cm × 長さ195cm
クイーン幅160cm × 長さ195cm
キング幅180cm × 長さ195cm

「ひとりで使うならシングルベッドだから、2人で使うならダブルベッド」と思いがちですが、単純にそうとも言えません。

寝返りなども考慮すると、人が安眠できるスペースは肩幅+30cmと言われています。
ダブルベッドに2人で寝る場合、このスペースを確保できない可能性が高いです。

「くっついて寝たい」「相手のぬくもりを感じたい」という夫婦にはダブルベッドがぴったり。
ですが、体格がいい人の場合などはもしかしたらダブルベッドでは狭いと感じるかもしれません。

夫婦用ベッドのサイズ②:寝室の広さは?

必要なベッドの広さを考えたときに「ゆったり寝たいからキングサイズがいい!」と思ったとしても、寝室の大きさによってはベッドを置いただけでぎゅうぎゅうになってしまう…ということもあります。

もし寝室に洋服ダンスやドレッサー、また書斎としてデスクを置きたいと考えている場合、そのスペースも考慮して選ばないと部屋に収まりきれず、「こんなはずじゃなかった…」ということになりかねません。

インテリアコーディネートをする場合、人が通るところには60cmは隙間を空けるように設定します。これより狭い50cmでも通行できるかもしれませんが、あまりにも狭いと人が通れなくなってしまったり、窮屈感を感じてしまいます。

夫婦用ベッドのサイズ③:夫婦の生活スタイルは?

同じベッドで寝ていると、良くも悪くも相手の気配を感じます。

お互い仕事をしているなどで生活スタイルや寝起きする時間が違う場合は、相手の起きる気配やベッドの軋みでなかなか安眠できない…ということもあるかも。
そんなときにはダブルベッドよりも少し広めのサイズが良かったり、ツインベッドにしたほうがいい場合もあります。

スポンサーリンク

夫婦で使うベッドサイズ|ダブルの特徴

ダブルベッドの一般的なサイズ:横幅140cm×長さ195cm

ダブルベッドのメリット

ダブルベッドのメリットは、2人で使う場合に一番ベッドスペースを取らずにベッドを置けることです。

寝室があまり広くない場合や寝室に他の家具を置きたい場合など、あまりベッドスペースを広く取れないときはダブルベッドを選ぶといいかもしれません。
また、くっついて寝たい!という夫婦にはぴったりですね。

ダブルベッドのデメリット

一方、デメリットは2人で使うと狭く感じる場合があること。また、生活スタイルが違う場合には、お互いの気配が気になって安眠できない可能性もあります。

夫婦で使うベッドサイズ|クイーン&キングの特徴

  • クイーンベッドの一般的なサイズ:横幅160cm×長さ195cm
  • キングベッドの一般的なサイズ:横幅180cm×長さ195cm

クイーン&キングベッドのメリット

クイーンベッド・キングベッドのメリットは、お互いがゆったりと寝るのに十分な広さがあることです。
生活スタイルが違っても、広さのあるベッドならそこまで気にならないかもしれません。

また将来子供ができた場合も、子供が小さいうちなら一緒に寝ることも可能です。キングサイズなら、子供2人までなら一緒に寝るスペースがあるでしょう。

クイーン&キングベッドのデメリット

デメリットは、ベッドを置くスペースを取ること。
特にキングベッドを置く場合、かなりのスペースが必要になります。また、マットレスも大きい分手入れが大変になりますし、対応したシーツが少なく好きな柄を選べないという可能性もあります。

夫婦で使うベッドサイズ|ツイン(シングル2台)の特徴

  • シングルベッドの一般的なサイズ:横幅97cm×長さ195cm
  • 並べて置いた場合:横幅194cm×長さ195cm

ツインベッド(シングル2台)のメリット

ツインベッドのメリットは、ベッドが別々のため相手に振動が伝わりづらいこと。
生活リズムが違う場合もお互いの安眠を妨げずにすむのでおすすめです。
また、マットレスや枕のかたさ、掛け布団の好みが夫婦で違う場合、それぞれ好きなものを選べるのもメリットですね。

ツインベッド(シングル2台)のデメリット

デメリットは、横幅がキングベッドよりも大きくなってしまうこと。
事前に部屋のサイズを測り、置くスペースがあるかをしっかり確認する必要があります。

まとめ:【夫婦用ベッド】おすすめサイズ&布団の選び方は?(同棲・カップル)

夫婦で使うベッドを選ぶ際は、この3点に気をつけて選びましょう。

  • ①必要なベッドの広さ
  • ②寝室の広さと寝室に置く家具
  • ③夫婦の生活スタイル

使い方によって、適したベッドサイズは違います。
ぜひこのポイントを踏まえながら、夫婦にぴったりのベッドを選んでくださいね。

子育てを意識した大きめサイズのベッドをお探しなら>>

この記事を書いた人
インテリアコーディネーターMAKO

MAKO

インテリア・家具ブロガー

当サイトでは、暮らしを楽しくするインテリアや家具のおすすめ情報を発信しています。子育て中のママの視点も交えて、時短アイデアや便利グッズの紹介もしています。

  • インテリアコーディネーター
  • 家具・寝具アドバイザー
  • 大手インテリアメーカー勤務10年

ご質問やレビュー依頼など、
お気軽にお問い合わせからどうぞ!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる