delonghi - 子供と寝るお部屋の寒さ対策にはオイルヒーターが活躍!乾燥しにくくて快適になった工夫

ライフスタイル 子育てグッズ・体験談

子供と寝るお部屋の寒さ対策にはオイルヒーターが活躍!乾燥しにくくて快適になった工夫

そろそろ寒い季節が近づいて来ましたね。
寒くなると、子供たちが風邪をひかないようにと、あれこれ対策が必要ですよね。
既に我が家では、風邪が家族の間をぐるっと一周してしまいました。最初に引いたのが私なので、申し訳ない。そして次男から長男、夫へと、巡って行きました。

この時期、早めに対策したいのが、寝室の温度調節ですね!今夜は暑いのか冷えるのか、天気予報でチェックしては一喜一憂しています。

今回は、私が実践している眠りやすい寝室の温度管理についてご紹介します!

子供に掛け布団はNG??私は着せていません!

お子さんにお布団や毛布は着せていますか?
私は基本的に着せない派です。

まず、子供たちはびっくりするくらい寝相が悪いので、着せてもあまり意味がないというのがありますね。
長男は、最近は多少、寝相はマシになりましたが、それでもじっとはしていません。暑くても寒くても、ゴロゴロ寝返りをうっています。
次男も、これがまた、「どこ行った!?」と探すくらい、わけのわからない格好で寝ています。

そんな子供たちに毛布などを着せたら、寝返りをした時に絡まったりしないか心配になります。
もう、2人とも朝までぐっすりと寝ますから、私も途中でそう何度も起きて確認はしていません。
窒息も怖いですよね。
お布団はフカフカしているので、顔が埋まってしまわないか恐ろしくて、やっぱり着せる気になりません。

子供たちには、お布団の代わりにスリーパーを着せています。これなら、寝返りしても絡まる心配はほとんど無いですし、寒い事もありません。おすすめですよ。

sleeper 150x150 - 子供と寝るお部屋の寒さ対策にはオイルヒーターが活躍!乾燥しにくくて快適になった工夫
子供の寒さ対策にスリーパーが大活躍!?子供達が快適に眠れる工夫色々!

続きを見る

冬はオイルヒーターでお部屋を暖かくすることで、快眠出来る!?

昔は、寝室のエアコンをつけて、部屋を暖めていましたが、湿度がすごく低くなるのが悩みでした。
加湿器をつけたり、洗濯物を干しても、朝方には湿度38%!!なんて時もありました。

次男が産まれてから、勇気を出してオイルヒーターを購入しました!
これがすごく快適で!本当に、陽だまりにいるようにポカポカして、気持ちがいいですよ。
空気も乾燥しにくいので、おすすめです。温度湿度計でチェックしていると、エアコンの暖房運転との湿度の違いがよくわかります。
オイルヒーターを使って、寝室に濡らしたタオル1枚干しておくと、だいたい湿度は60%くらいになります。ちょうどいい感じです。
タイマーを使って、寝る30分くらい前から寝室を暖めておくと良いです。
設定温度は1番低い設定で十分です。あまり暑すぎると子供達には良くないようです。

DeLonghi(デロンギ) オイルヒーター・H770812EFSN−GY/ホワイト×ミディアムグレー

 

オイルヒーターの気になる電気代は?

オイルヒーターと言えば、電気代が高いイメージですよね。私もドキドキしながら1カ月間使いました。設定は一番低い温度で、夜8時から朝7時くらいまでタイマーをセットして使いました。
それで、電気代はいつもより6〜7千円高いくらいでした!
これを高いと思うかどうかは、それぞれですが、私としては、数ヶ月の冬の間だけなので、まあ良いかな?と思っています。
次男が生まれて一年目の冬は、夜間の授乳がすごく楽になりました。長男の時から買っておけばよかったなぁと、今更ながらに思います。

 

まとめ

1.寝相の悪い子供には、窒息や絡まる危険があるので布団や毛布は着せない方が良い
2.布団の代わりにスリーパーを着せる方がおすすめ
3.寝室の暖房器具はオイルヒーターがおすすめ
4.オイルヒーターは空気が乾燥しにくいので快適
5.電気代はエアコンよりも高めだが、タイマー機能を使って最低限に抑えると良い

以上が、私が冬の間に行っている寝室の寒さ対策です!

オイルヒーターは高価というイメージがありますが、最近は色々なメーカーから販売されていて、安価なのもあります。
お子さんがいらっしゃるご家庭にはおすすめですよ。
是非一度、検討してみて下さいね!

-ライフスタイル, 子育てグッズ・体験談
-, ,

© 2020 ララカグ