キッズ家具

【子供が使うソファーの汚れ対策】よだれ・こぼしに強いおすすめ素材&お手入れ方法は?

2019年9月14日

ソファでくつろぐのが好きなのは、大人だけじゃない、子供も大好きですよね。おもちゃを持ってきてソファの上で遊んだり、大人の真似をして「フゥ」と一息ついてみせたり。

うちの長男は私がソファに座ると、すかさず自分も隣に座って、「絵本読んで」だの「ゲームしよう」だの、あれこれ要求してきます。そんな様子を見て、1歳の次男も「自分も仲間に入れてくれ」と言わんばかりに座りに来ます。
そんな風に、我が家のソファは大人気。いつも誰かしら座っています。

 

つまり、いつも誰かがソファを汚しているとも言えるのです!!

 

ソファの汚れ、お手入れが大変ですよね。私も色々な汚れに悩まされています。
今回は、そんな我が家のソファの汚れ対策とお手入れの仕方についてご紹介します。

 

赤ちゃん・子供が使うソファーの汚れ対策

知っておきたい汚れの原因とは

よだれ

 

 

子供がいると、ソファは必ず汚れます。

次男はソファによじ登る時必ず、よだれを付けます。つかまり立ちの練習でも、ソファが丁度いい高さなので、よだれを付けつつ、「ヨイショ」と立つ練習をしていました。

 

 

もう、よだれに関してはほぼ毎日の事なのでほとんど諦めの境地です。

 

飲食のこぼし

ストローマグでお茶を飲むようになってからは、マグを持ってソファで飲むので、お茶をこぼす事もあります。

 

長男がトイレトレーニングの練習中は、悲しいことに、おしっこを漏らされた事もあります。
これは大惨事だね。

 

あと先日、兄弟で胃腸炎にかかりソファの下で嘔吐する事態が!ソファの上ではなかったのですが、クッションにも被害がおよびました。

 

赤ちゃん・子供が使うソファーの汚れ対策:汚れに強い素材は?

毎日のことですから、ソファも汚れるのはむしろ当たり前。

そんなときには、汚れを前提としたソファ選びが大切です。汚れに強いソファーの素材には以下のような物があります。

 

1.汚れに強い合皮ソファ

子供がいると、ソファに『水分を多く含む汚れ』が結構付きます。

ですので、汚れを拭き取れる『合皮ソファ』はお手入れが簡単でおすすめです。

何かこぼしても、水分を弾くので、拭き取ることが出来て安心ですね。お掃除しやすいので、清潔に保つことが出来ます。

 

 

2.洗えて便利!カバーリングソファ

わが家は『布製ソファ』を愛用しています。布製だと、水分はすぐ吸ってしまうので、汚れが染み込むのが心配かと思います。

 

 

でも、カバーリングタイプなら、「こぼした!」と思ったら、すぐカバーを外して洗えるので大丈夫です。

 

カバーにはドライクリーニングと自宅で洗えるタイプがあります。
我が家のソファは背もたれと座面のクッションだけカバーが外せるタイプですが、全てのカバーが取り外せるタイプもあります。

 

 

赤ちゃん・子供向けに!人気のローソファをお探しなら >>

合わせて読みたい
【心配解消!】赤ちゃん・子供向けローソファおすすめ10選。失敗しないフロアソファの選び方

続きを見る

 

ソファのタイプ別・お手入れ方法&メンテナンスは?

カバーリングソファの手入れ方法

実際、ソファをどんな風にお手入れしている?
定期的なお手入れとしては、こんな感じです。

 

ソファの定期的なお手入れ方法

1.カバーを外して洗濯
2.クッションを天日干しする
3.取り込んだクッションに布団クリーナーをかける
4.カバーが乾いたら元のように付けて完了!

 

天日干しは、天気が悪くて出来ない時や、しっかりケアしたい時は布団乾燥機にかけるのもひとつの手です。

クッションの中はダニが好む環境なので、時々はダニ退治も兼ねて布団乾燥機&布団クリーナーでキレイにするようにしています。

布製は、合皮に比べてお手入れが必要ですが、蒸れにくく夏も快適に使えますよ。

 

ソファを毎日でもお手入れしたい場合は?

「ソファはいつも清潔じゃないと嫌」「カバーを外して洗うのさえ面倒」という場合は、ソファの上から『ソファーカバー』をかけてしまうのも1つの手段です。

ソファーカバーは、伸縮性のある生地で出来ていて、ソファの上に被せるものです。ソファにピッタリフィットするので、違和感なく使えます。

 

私は、里帰り出産中にソファーカバーをかけていました。しばらく留守にする間、ソファのお手入れが出来ないので、カバーをかけていれば汚れが防げるので安心でした。

 

 

まとめ:【子供が使うソファーの汚れ対策】よだれ・こぼしに強いおすすめ素材&お手入れ方法は?

1.子供がいるとソファに『水分を多く含む汚れ』が付きやすい
2.『合皮ソファ』は水分を弾くので、汚れてもケアしやすい
3.『布製ソファ』はカバーリングタイプだと、カバーを外して洗えるので清潔を保ちやすい
4.カバーリングソファはクッションの中身にダニ対策をした方が清潔
5.布製は蒸れにくいので夏も快適
6.『ソファーカバー』をソファの上に付けると、外して洗えるのでお手入れが簡単に出来る

 

以上が、我が家のソファのお手入れ方法とお子さんがいらっしゃるご家庭におすすめのソファ選びのポイントです。

 

「子供が汚しちゃうから」という理由でソファを諦めなくても大丈夫だと思います。
ケアの方法はありますし、ソファの素材とタイプを選べば、きっと長く使えるソファに出会えるはずです。

皆さんも、お子さんとの暮らしがより楽しくなるソファを見つけてみて下さいね!

 

 

赤ちゃん・子供向けに!人気のローソファをお探しなら >>

合わせて読みたい
【心配解消!】赤ちゃん・子供向けローソファおすすめ10選。失敗しないフロアソファの選び方

続きを見る

-キッズ家具
-,

© 2020 ララカグ