ダイニング

子供も使いやすい!【ダイニングテーブルの選び方】子育て中ママが安全なポイント解説

2019年9月19日

今お使いのダイニングテーブル、お子さんとの暮らしに合っていますか?

私は結婚して最初に買ったテーブルが合わず、結局数年で買い直してしまいました。

 

子供も使いやすいテーブルって、色々条件があるんです!

 

子供との暮らしを想像せずに最初に勢いで買ってしまい、後悔しました。

その失敗を含めて、子供がいる家庭にオススメのダイニングテーブルの選び方をご紹介します!

 

子育てママが解説!子供も使いやすいダイニングテーブルの選び方

はじめに買ったダイニングテーブル。子供との相性と問題点

結婚してすぐ、デザインが気に入って購入したダイニングテーブルは、天板の角が尖っていました。
子供がいる家庭では、これってご法度ですよね。もちろん、角にコーナーガードを取り付ければ大丈夫かとは思います。

 

でも、その他にも使いにくいところがありました

 

二本脚タイプだったので、テーブルの短辺に座る人は、座った時に脚が邪魔になってしまいます。悲しいことに、子供用の椅子がテーブルの脚にぶつかって、キッチリと椅子がしまえないのでした。

 

食事するにはなんとかなりますが、やっぱりスッキリしません。子供椅子を使っていない時、椅子が出しっぱなしな感じがしてずっと気になってしまいます。

 

コーナークッション・コーナーガード

 

子供が小さい頃は、ローテーブルという選択肢も!

長男は、とにかく食事中も落ち着かなくて、なかなかじっと座って食べられない子でした。
ちょっと食べてはソワソワと椅子から立ち上がってしまいます。私は食べるのが遅くてイライラ。でも何より危ない!

 

実は一度、椅子から落ちた事があります。何事も無かったんですが、もう高いテーブルで食べさせるのは無理だなと思いました。

 

次の日から、折りたたみ式のローテーブルをクローゼットから出してきて、長男と私だけそこで食事、主人が帰って来たら、1人だけダイニングテーブルで食事、というスタイルにしました。
バラバラですけど、仕方ありません。

 

でも今度は、食事中にハイハイで逃げ回るという事態に。そういう時、追いかけ回して食べさせると遊びだと思って余計に逃げちゃうんですよね。もう困ったものです。
お皿やスプーンを新しくしたり、手づかみで食べやすい小さなおにぎりにしたり、苦労しました。

 

 

結局、ダイニングテーブルは買い替えることに

しばらくはローテーブルで食事していましたが、リビングに2つもテーブルがあるので狭く感じていました。

 

それに、やっぱり家族みんなで食事したい!
長男も2歳になると、だいたい食事中は座っていれるようになったのと、次男が産まれるので、勿体ないけどテーブルは買い替えることにしました。

 

 

最終的に大事にしたダイニングテーブルの条件

テーブルの角に注意

まず、テーブルの角が丸い事。

子供はテーブルの下に潜るので、天板の下に突起が無い事。

 

広めのテーブルを選ぶべき

あと、1歳くらいの時期は、テーブルの上のものを何でも触るので、子供の近くにはお皿以外置けません!ですから、人数分よりも広めのテーブルがおすすめです。

 

日常のケア・メンテナンスも大事

それから、子供が増えると座る配置が変わるので、どの位置にも座りやすい4本脚タイプが良いと思います。子供椅子との相性も要チェックですね。

毎日食べこぼしがすごいので、汚れを拭き取りやすい天板がおすすめです。

 

 

まとめ:子供も使いやすい!【子育て中にオススメなダイニングテーブルの選び方】

1.子供が落ち着いて座って食事出来るようになるまでは、ローテーブルもおすすめ
2.ダイニングテーブルは角が丸いものを選ぶのが良い
3.天板の下にも突起などの危険が無いか要チェック
4.広めのテーブルだとゆったりと使える
5.4本脚タイプは家族が増えても使いやすい
6.汚れに強い天板がおすすめ

以上が、私がダイニングテーブルを買う時に注意したポイントです。

 

長男の時は、食事で苦労したんですが、次男は食べる事が大好きなので、はじめからダイニングテーブルで大人しく食事出来ています。その子によってこんなに違うんだなぁと驚きです。

 

ダイニングテーブルが使いやすいと、そこが家族のお気に入りの場所になると思います。
食事だけではなく、遊びや勉強スペースとしても重要ですよね。

皆さんも、家族皆んなが使いやすい、素敵なダイニングテーブルを探してみてくださいね!

 

【子供と過ごすソファー選び&汚れ対策】年齢別のオススメと気をつけたい安全面!

続きを見る

-ダイニング
-, ,

© 2020 ララカグ