在宅勤務・テレワーク

後悔しない!プログラマーのための椅子選び【1~3万円台】ゲーミング&オフィスチェア

あなたは最近、「肩こり」や「腰痛」に悩んでいませんか?

 

プログラマーと言えば長時間のデスクワーク。

常に最先端技術を習得するため、根を詰めて勉強してしまう熱心な方が多い職業ですよね。

 

在宅ワークの日があれば、ついつい自宅でも頑張ってお仕事をしていると思います。

 

「会社でも自宅でもパソコン作業で、疲れがたまってるなぁ・・・」
「肩こりや腰痛は、職業病だと思ってあきらめてる・・・」
「肩こりからくる頭痛に悩んでます・・・」

 

きっと体の悩みを抱えながら、我慢されてますよね。

 

でも諦めるのはまだ早いです!!

 

肩こりや腰痛に悩んでいる方、仕事中に疲れを感じている方、椅子を変えるだけでも改善されますよ。

今回は、長時間すわっても疲れにくい、プログラマーにおすすめのオフィスチェアを紹介します。

 

まずは、長時間でも疲れにくい、オフィスチェアの機能をご紹介します。

 

プログラマーが選ぶべきオフィスチェアの機能

一般的な事務は、コピーを取る、書類や伝票を運ぶといった体を動かす作業もよくあります。

 

それに比べてプログラマーは、同じ姿勢で長時間コーディングします。急な修正対応で残業になることも多く、持久力も必要です。結構な体力勝負のお仕事ですよね。

 

そんな時は、長く座ってても疲れにくく、体をサポートしてくれるオフィスチェアを選ぶと良いでしょう。

 

体をサポートする機能として大事なのは、腰や腕、頭を支えるパーツがあることです。長く座っていると出てくる、痛みや疲れは、支えることで負担が軽減できます。

 

ここからは、体をサポートしてくれるパーツの説明をしていきます。

 

ランバーサポート|腰を支える

ランバーサポートは、「腰痛がツライ」という方は絶対にあった方が良いです。

1番負担がかかりやすい腰をサポートしてくれるパーツです。

猫背になるのを防いで、背骨がS字カーブの正しい姿勢に導いてくれます。

 

位置が調整できるものだと、自分の体に合わせやすいです。

 

アームレスト|腕を支える

アームレストは、「肩こりがツライ」という方は絶対にあった方が良いです。

手首やひじを乗せて、肩の負担を軽減してくれるパーツです。

 

人の腕の重さは、両腕で約10kgあると言われ、その重みで肩こりになると考えられています。コーディングするとき、コードを考えるとき、腕をアームレストに預けた方が、肩への負担がグッと軽減できます。

 

高さ調整ができるものだと、デスクにアームレストが当たる心配も無くなります。

 

ヘッドレスト|頭を支える

ヘッドレストは、「仕事中よく考える」という方は絶対にあった方が良いです。

人は考え事をするとき、何もない天井など、上の方向をみる習性があります。

(これは余計な情報を、目から入れないようにするためです。)

 

ヘッドレストは、頭を預けて、首の負担を軽減してくれるパーツなので、肩の力を抜いてリラックスした姿勢がとれます。緊張状態では生産性も落ちてしまいますよね。

 

程よいリラックスも取り入れて、効率アップしてくれますね。

 

プログラマーが選ぶべきオフィスチェアの注意点

機能がいっぱいで魅力的なオフィスチェアですが、そのぶん種類も豊富にあります。色々と探しているうちに、うっかり確認を忘れてしまった!なんてことも・・・。

 

「せっかく買ったのに、思ってたのと違う・・・」と後悔したくないですよね。

 

こちらでは、買うときの注意点も確認しておきましょう。

 

①自分の体格に合ったオフィスチェアを選びましょう

太ももの長さと、座面の奥行きが、合っているか確認しましょう。深く腰を掛けられないと、姿勢がくずれてしまい、肩こり・腰痛の悪化になってしまいます。

座面は、調整ができないパーツなので、特に注意が必要です。

 

②デスクに合ったオフィスチェアを選びましょう

デスクの幅が狭い場合、椅子が入らなかったり、デスクにキャスターが当たるといった問題が発生します。脚幅が広めのオフィスチェアもありますので、デスク下に収まるか確認しましょう。

 

プログラマーが選ぶべきオフィスチェア7選

機能と注意点が分かったところで、実際にオフィスチェアを選んでみよう!
でも、色んな機能が付いてる椅子って高そう・・・
そんなあなたに、お手頃価格でも、機能的で快適なオフィスチェアを見つけましたよ。

 

今回は予算を1~3万円台に設定しました。

プログラマーにおすすめの、肩こり・腰痛予防になるオフィスチェアのご紹介です!

 

1~2万円のオフィスチェア

①アイリスプラザ オフィスチェア エクストラクール ハイバック

価格:15,800円

こちらのオフィスチェアは、もたれると背もたれが倒れる、ロッキング機能付きです。固定することもできます。こだわりの座面で、正しい姿勢をサポートします。座面の厚みは11cmもあり、太ももから膝までを滑らかなカーブで支えます。カラーバリエーションも豊富で5つあります。

 

ランバーサポート:有り

アームレスト:6段階の高さ調整ができます。取り外しもできます。

ヘッドレスト:ゆるやかなカーブがあり、首から頭にかけてフィットします。

 

5つの中から、お気に入りのカラーが選べるのは嬉しいですね。

 

 

②LOWYA 多機能オフィスチェア |f102-g1180-400

価格:19,990円

こちらのオフィスチェアは、ロッキング機能付きで、ワンタッチでロッキング固定もできます。肉厚な座面は、へたりにくい素材を使用しています。長時間の作業でも、お尻が痛くなりません。

 

ランバーサポート:ダイヤルを回すことで、前後調整ができます。

アームレスト:幅と高さの調整ができます。工具を使わずに取り外しもできます。

ヘッドレスト:高さの調整ができます。寄りかかると頭に合わせて、角度が調整されます。

 

この価格で、これだけの機能があるのは、すごいです!!

 

 

2~3万円台のオフィスチェア

③SIHOO人間工学に基づいたデスクチェア|M18-M153

価格:22,999円

こちらのオフィスチェアは、人間工学設計で、S形状で脊椎ラインと合致し、背中をしっかり支えてくれます。110°・120°・136°の背もたれの調整ができます。上品なメッシュで、耐久性が通常メッシュの3倍あります。

 

ランバーサポート:上下に5㎝、前後に3㎝の調整ができます。

アームレスト:高さ7㎝の調整ができます。

ヘッドレスト:高さと角度の調整ができます。

 

 

④Komene 人間工学オフィスチェア|300IBS - BIFMA

価格:29,800円

こちらのオフィスチェアも、人間工学設計で、首や肩に悩みがある方向けです。調整可能なヘッドレストで、筋肉がリラックスし、首と肩の痛みを緩和できます。背もたれは90°・105°・120°・135°の調節が可能です。

 

ランバーサポート:背部のS型曲線に合わせた背もたれになっています。

アームレスト:3D機能アームレストです。高さ、前後、向きの調整ができます。

ヘッドレスト:高さ、傾きの調整ができます。

 

首の痛みや肩こりがある方におすすめです。

 

 

⑤イトーキ SALIDA YL8 オフィスチェア|YL8-NYBL-AEL

価格:34,900円

こちらのオフィスチェアは、シンクロロッキング機能付きです。もたれると、背もたれと座面がシンクロして傾く機能です。自然な体の動きになるので、リラックスできます。

 

ランバーサポート:高さ調整ができます。

アームレスト:9段階の細かな高さ調整ができます。

ヘッドレスト:上下に首振り4段階、高さ6段階の細かな調整ができます。

 

長時間座り続ける仕事にピッタリな高機能チェアです。

 

 

機能充実のゲーミングチェア

⑥NEOLEAD ファブリックオフィスチェア リクライニング |NL-OFGCGL

価格:17,800円

こちらは、ゲーミングチェアになります。見た目が普通のオフィスチェアの様で、部屋に溶け込みやすいデザインです。ファブリック生地という通気性の良い生地を使用しています。

 

ランバーサポート:高さ調整ができ、自分の体に合った位置に微調整ができます。

アームレスト:高さ、前後、向きまで調整ができ、腕を理想のポジションにしてくれます。

ヘッドレスト:着脱可能で、痛くなりがちな首の負担を軽減してくれます。

 

長時間でも蒸れることなく、快適に作業ができますね。

 

 

⑦サンワダイレクト オットマン内蔵 リクライニングチェア|150-SNCL003

価格:29,800円

こちらのゲーミングチェアは、背もたれが160度までリクライニングできます。オットマンとは、足置きの事で、仕事中は座面の下に収納できます。

 

ランバーサポート:腰を支えるクッションが付いてきます。好みで付けたり外したりできます。

アームレスト:リクライニング時に連動して動きます。

ヘッドレスト:大型で枕のように、頭部全体を支えてくれます。

 

リクライニングを倒しオットマンを使うことで、まるでベッドのように休めます。

 

 

まとめ:後悔しない!プログラマーのための椅子選び

いかがでしょうか。お気に入りの椅子は見つかりましたか?

最後に、プログラマーのためのオフィスチェアについてまとめておきましょう。

 

ポイント

・体の悩みに合わせて、ランバーサポート、アームレストのある椅子を選びましょう。

・考え事やリラックスしたい方は、ヘッドレスト付きを選びましょう。

・購入前に、自分の体に合うか、チェアの脚幅はデスクの下に収まるか確認しましょう。

 

肩こりや腰痛で悩んでる方も、そうでない方も、少しでも体への負担をへらして、プログラマーとして活躍していってくださいね。

この記事も読まれています

-在宅勤務・テレワーク
-, , , ,

© 2021 ララカグ Powered by AFFINGER5