【子供布団ってどこで買う?】ベビー布団おすすめ8選。寝具の選び方解説

この記事では、どこで買えばいいか?迷ってしまう「子供用の布団の選び方」について紹介します。
新生児0歳~小学生までの年齢別でどれを選ぶべきか?をまとめて紹介しています。

そもそも子供用の布団ってどうやって選んだらいいの?

赤ちゃんの布団ってどこで買うのがいいのかなぁ?

ちゃん用の布団では小さくなって来たなぁ…

新しく家族が増える時や、成長に伴って窮屈に感じて来た時に、こんなお悩みを持ったことはありませんか?

子どもが使うとなると、大人用だと大き過ぎるし、製品にも拘って選びたいですよね。

ここでは、二児の母である私が、子ども用の布団の選び方とオススメの布団を紹介します。

子ども用の布団の購入や買い替えを検討中の方は是非チェックしてみて下さいね!

目次

子供布団・ベビー布団の選び方とポイント

①サイズはどのぐらいを選ぶ?

子ども用布団には4つのサイズがあり、新生児、ベビー、キッズ、ジュニアに分かれます。

しかし、子どもの成長はとても早く、すぐに買い替えなくてはならなくなるケースも多いです。

年齢別のオススメサイズ!

  • 新生児~3歳・・・ベビー布団(敷布団:70×120cm、掛布団:95×120cm)
  • 3歳~6歳・・・キッズ布団(敷布団:90×140cm、掛布団:120×140cm)
  • 6歳以上・・・ジュニア布団(敷布団:90×180cm、掛布団:130×180cm)

新生児用は使える期間も短いので、ベビー布団を使う方が長く使えます。

1つ1つを長く使えるサイズ選びが重要ですね。

大は小を兼ねるで、3歳からジュニア布団を使うのも長く使えてオススメ

②敷布団の硬さと厚さ

柔らかすぎる敷布団では、体が沈み込んで湾曲し、血流が悪くなってしまいます。

正しい寝姿勢を保ち、血流を妨げない為には、適度な「硬さ」が必要です。

また、特に赤ちゃんの場合には、顔が沈み込みやすく窒息する恐れもあります。

だからベビー布団は硬いのが多いのね!

③掛布団の軽さ

子どもは暑がりで、汗かきです。

布団が重いと、暑く感じても自分で体の上から外せない為、軽いことは重要です。

子どもって掛布団をかけてもすぐに出て行くけど、ちゃんと自分で調節しているんだね。

特に小さな赤ちゃんでは、成長の過程で手足をバタバタさせて自分の体を認識したり、一生懸命に顔を動かしてママの後を追ったり、寝返りの練習をしたりします。

その場合にも、赤ちゃんの成長を妨げない軽さだと安心ですね!

④布団の素材

掛布団は、子どもは暑がりの為、それほどの保温性は必要ないですが、吸湿性・通気性が高いものがいいですね。

ベビー布団に使われることの多い綿やオーガニックコットンは、しっかり汗を吸ってくれるのでオススメです。

しかし、洗濯が難しく、こまめな天日干しが必要となります。

また、洗いやすさではポリエステルが一番です。

汗や吐き戻しなど子どもはよく汚すので、お家で洗えるかどうかなどお手入れの手軽さで選ぶのも重要ですね!

汚れの対策には、防水シーツを使うのもいいね!
スポンサーリンク

子供布団ってどこで買う?ベビー布団おすすめ8選

ここからは、年齢別で赤ちゃん・子供向けにオススメの布団セットを8選紹介していきます!

おすすめベビー布団|赤ちゃん(新生児~3歳)

①西川 キホンが揃ったお手軽ベビー布団6点セット|こだわり安眠館

日本でも最大手である信頼の「西川製」です。

敷布団は赤ちゃんの背骨に負担をかけない硬めの設計で、お肌に触れるカバーには綿100%で安心です。

掛布団とカバーはお家でのお洗濯が可能なので、毎日清潔に使えるのも魅力ですね!

掛布団はお洗濯に強い「うずまき状キルト」を採用しており、洗濯による片寄りや綿切れも軽減してくれます。

 ②日本製 ベビー専用敷布団  綿100%洗えるカバー付|ふとんのソムリエ

ベビー専用ということあって、赤ちゃんの為を考えた工夫がたくさんです。

体を支える硬さのある敷布団に、お家で洗える綿100%のカバー付きです。

ホルムアルデヒドの検査など品質管理が徹底されているので、赤ちゃんにも安心して使えますね!

③安心・安全の日本製 洗える 掛け布団|sleep-plus

中綿はポリエステルなので洗濯可能で、側生地は綿100%!

洗っても中綿が片寄らないように、波キルトで布団と綿を止めてあります。

2種類のサイズ展開となっているので、よりピッタリのサイズを選べるのも嬉しいですね。

④サンデシカ トリプルシーツ入り ベビー布団5点セット|こだわり安眠館

こちらのセットの凄いところは、ご家庭で全部洗えるところ!

特にフィットシーツ、キルトシーツ、防水シーツが1つになったトリプルシーツは忙しいママにオススメです!

おすすめ子供布団|幼児(3歳~6歳頃)

⑤掛け布団 敷き布団 キッズサイズ 2点セット|Futon house

こちらの掛敷布団には、テイジンの防ダニ・抗菌防臭わたが使われており、ダニを寄せ付けず、イヤな臭いも防ぎます。

また、急性経口毒性試験、変異原生試験、皮膚刺激性試験など、様々な検査で安全性を確認されています。

軽いので、お子さんが自分で片付けることも出来そうですね!
 

⑥掛け布団 ノルディック スリープ ジュニア デュベ | NORDIC SLEEP JAPAN

こちらはジュニアサイズと記載がありますが、100×140なのでジュニアサイズより小さめです。

オールシーズン使えて保温性も抜群なノルディックスリープは軽くて高い通気性を実現させています。

洗濯乾燥機で丸洗いから乾燥まで出来るのに、高い修復力で洗濯後も新品同様の状態もキープ出来るというのには驚きです!

これだと毎日清潔に保つことが出来るので、安心ですね!

おすすめ子供布団 |小学生(6歳頃~)

⑦ジュニア  三層敷布団  底付き軽減敷き布団 |ふとん直販

安心の日本製で、三重構造になっているので底付感が軽減されています。

耐久性に優れ、わた切れしにくいのでほこりが出にくく、ボリューム感も長持ちします。

また、ストロー状繊維の中に空気を含んでいるので、保温力も抜群です!

色や柄が6種類から選べるから、お子さんのお気に入りもきっと見つかるね!

⑧防ダニ布団2点セット 帝人 ジュニア|リビングプランニング

こちらの中綿には、テイジンのマイティートップⅡが使われており、防ダニ・抗菌防臭の効果を発揮します。

日本製で、皮膚刺激性などの試験も行っているので安心して使えますね!

弾力性抜群の中空ポリエステル綿を使用しているので、ほこりも出にくくアレルギーのあるお子さんでも安心です。

布団本体と掛カバーのズレを防止するループが4カ所についていますよ!

まとめ:【子供布団ってどこで買う?】ベビー布団おすすめ8選

  1. ・新生児~3歳・・・ベビー布団(敷布団:70×120cm、掛布団:95×120cm)
  2. ・3歳~6歳・・・キッズ布団(敷布団:90×140cm、掛布団:120×140cm)
  3. ・6歳以上・・・ジュニア布団(敷布団:90×180cm、掛布団:130×180cm)


赤ちゃんは一日のほとんどの時間を布団の上で過ごしますし、子どもの成長においても睡眠は重要です。
そんな重要な役割に不可欠な布団こそ、しっかり選んであげたいですね。

硬さや、素材、品質管理など、たくさんのこだわりで作られた布団がいっぱいです。
ご家庭でこれだ!と思う布団を選んで下さいね!

この記事を書いた人
インテリアコーディネーターMAKO

MAKO

インテリア・家具ブロガー

当サイトでは、暮らしを楽しくするインテリアや家具のおすすめ情報を発信しています。子育て中のママの視点も交えて、時短アイデアや便利グッズの紹介もしています。

  • インテリアコーディネーター
  • 家具・寝具アドバイザー
  • 大手インテリアメーカー勤務10年

ご質問やレビュー依頼など、
お気軽にお問い合わせからどうぞ!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる