ジョイントマットは掃除が大変?選び方のおすすめ。赤ちゃん・子供に必要?4年使った感想。

ジョイントマット、お子さんがいらっしゃるお家では、結構見かけますよね。我が家も、長男が生まれてから愛用すること、かれこれ4年になります。よくある、ベージュとブラウンの市松模様のマットを使っています。

おしゃれにこだわりがあるママ友は「ダサいから嫌」などと言って使いませんが、私は結構良いと思います。

今は色々な種類のジョイントマットがあって、お部屋の雰囲気に合ったものも選べると思います。

私なりに、ジョイントマットを4年ほど使ってみた感想と、おすすめの使い方をご紹介します!

目次

赤ちゃん・子供の為に!ジョイントマットを選ぶ為の基礎知識

ジョイントマットを敷くメリット

やっぱり、子供が転んだりした時の為に、ジョイントマットは重要です。床で転ぶのとでは痛みが全然違いますから。

次男がつかまり立ちを始めた頃は、ジョイントマットに随分助けられました。2人目は、1人目の時ほど側に付いていてあげられないので、いつもヒヤヒヤです。
頭ごっつん防止のリュックもいつも背負わせていました。これも何度も次男の頭を守ってくれました。

また、マットがあることで、多少は騒音防止にもなります。

2階以上に住む人は、下の階への音が気になりますよね。子供の走る音って結構響きますから。

ジョイントマットはゴミが詰まりやすくて、掃除が大変?

ジョイントマットの隙間に小さなゴミが入り込んで、めくった時に、「ウワッ」となった人、多いはずです。
毎日掃除機をかけていても、ほんのちょっとの隙間にゴミが入ってしまうんですね。私も最初見た時は、結構ショックでした。

というのも、ジョイントマットを初めて買った当時は、リビングの床全面に敷き詰めていたのです。だから、あちこちめくって掃除機をかけなければならず、もう大変で。

ゴミをそのままにしていたら、きっとダニなどが発生して、不衛生ですよね。想像したらゾッとします。

マットの上は綺麗でも、下にゴミがあると思うと安心して子供をハイハイさせられないなぁと思い始めました。

スポンサーリンク

赤ちゃん・子供の為に! ジョイントマットの掃除しやすい工夫

掃除を前提にしたジョイントマットの敷き方

定期的にジョイントマットの裏側を掃除する事を前提として、どうやったら楽かなぁと考えました。

STEP
家具の下敷きにしない

まず、マットを剥がしやすいように、家具の下敷きにはしない。

それから、子供達がいつも遊ぶ範囲にだけ、マットを敷くようにしました。

STEP
ズレ防止の為に一箇所だけ家具の下敷きも

マットがずれて気になる場合は、どこか一箇所だけ家具の下敷きにするか、一辺だけ壁際まで敷くと良いです。

STEP
大判サイズがおすすめ

マットは大判サイズがおすすめです。小さいサイズのものは、それだけ隙間が増えますし、剥がすのも枚数が多いので、掃除がとても大変です。

ジョイントマットの掃除方法

掃除は、子供をベビーサークルに入れて、マットを剥がし、お風呂場で洗ってベランダに干します。

乾かしている間に床に掃除機をかけてクイックルワイパーで拭き上げます。慣れてしまえば簡単です。

ただし、ベランダに干せる枚数が限られるので、一度に洗うのは、9枚くらいです。

汚れ対策も大事だけど…。買い替えも考慮に入れて

子供が油性ペンで落書きしてしまって、取れない汚れがついてしまったり、マットを交換したいなぁという時がありますよね。

そういう時のために、私は買い足し可能なマットを選んでいます。インターネットでも、実店舗でも買えるものが手に入りやすいので便利です。

ジョイントマットは長く使っていると、どうしても『へたり』が出てきますので、

数年に一度くらいは買い替えても良いかと思います。

ジョイントマットの代わりにこんな商品も…

ジョイントマットのご紹介をしてきましたが、最近見つけたこんな商品もおすすめです。

普段は、ソファとしてコンパクトに折りたためるので、友達やお客さんが来た時にはソファにして。

夕飯の支度のときに、お子さんを遊ばせておきたい!という時には広げてプレイマットのように利用できます。

フロアソファになる・洗えるクッションラグ 大 250×174cm
他にも、低くて赤ちゃんや子供に安心のソファを紹介しています!

関連記事:▼ 人気のフロアソファまとめ!幼い子供の転倒防止、安全面に配慮した物は?>>

まとめ:ジョイントマットは掃除が大変?選び方のおすすめ。

  1. 小さなお子さんがいる場合は、転倒の際にジョイントマットを敷いた方が良い
  2. ジョイントマットは騒音を和らげる効果も
  3. 隙間にゴミが入りやすいので、時々はマットの裏側も掃除するか、マット自体を水洗いする
  4. マットは家具の下敷きにしない
  5. 床全面ではなく必要な部分に敷き詰める
  6. 大判サイズが掃除しやすいのでおすすめ
  7. 買い足しや交換しやすいように、買い求めやすいものを選ぶと便利

以上が、私がジョイントマットを使う上で大事だと思うポイントです。

上の子はもう4歳ですが、兄弟で遊んでいて夢中になって、転んだりする事もよくあります。もうしばらくはジョイントマットが必要かなぁと思っています。冬は足の裏が冷たくないですし、床も傷つかないので、私は気に入っています。

皆さんも是非、お部屋の雰囲気に合ったジョイントマットを探してみてくださいね。

今、売れている人気ジョイントマットもCheck!

関連記事:▼赤ちゃん・子供用ジョイントマット!掃除のしやすい!おすすめ人気ランキング10選>>

この記事を書いた人
インテリアコーディネーターMAKO

MAKO

インテリア・家具ブロガー

当サイトでは、暮らしを楽しくするインテリアや家具のおすすめ情報を発信しています。子育て中のママの視点も交えて、時短アイデアや便利グッズの紹介もしています。

  • インテリアコーディネーター
  • 家具・寝具アドバイザー
  • 大手インテリアメーカー勤務10年

ご質問やレビュー依頼など、
お気軽にお問い合わせからどうぞ!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる